「ブレア・ウィッチ」

ブレアウィッチ

2016年「ブレア・ウィッチ」を見ました。アメリカ映画です。「サプライズ」「ザ・ゲスト」など、そんなに怖くない気がする……けど、映像美にこだわりを感じるアダム・ウィンガード監督の作品。
・原作に登場したヘザーの弟と、そのガールフレンドが主人公
・ドローン撮影やGPSなど最新機器をもりもり盛り込みました
・森、廃屋、暗闇、咆哮、謎の何か。恐怖値満タン。
途中まではよくあるPOVにしか見えなかったのですが、ラスト20分くらい、廃屋を彷徨うシーンがとっにっかく怖い!こんなに怖い廃屋を見たのは久しぶりであります。... 続きを読む

「ステイク・ランド 戦いの旅路」

ステイクランド戦いの果て

2010年「ステイク・ランド 戦いの旅路」の続編、2016年のアメリカ映画「ステイク・ランド 戦いの果て」。主演は「ゴシップ・ガール」のエリック役を演じていたコナー・パオロが続投しています。繊細な印象が強かったコナーくんですが、この映画では精悍な青年に変化。
もともとは吸血鬼たちの来襲で家族を失い、寄り添うように吸血鬼ハンターの老人と行動を共にすることになった少年のお話でしたが、今作では吸血鬼との対決をより深く描いています。といっても、戦いのシーンはさほど多いとも言えず、前作で終わっていても良かったのでは?という感じもしなくもないのですが、手練れの老人たちが銃を撃ちまくるシーンは面白い。... 続きを読む

「10 クローバーフィールド・レーン」

cloverfl

2016年の映画「10 クローバーフィールド・レーン」。「奴らは、あらゆるフォームでやってくる」そうですが、なんだかなぁ。
・ほぼ監禁ドラマ、ラストにちょこっと宇宙人が出てくる映画
・ジョン・グッドマンが謎多きおじさん(しかも陰謀説大好きおじさん)を熱演。怖すぎる。... 続きを読む

「フッテージ デス・スパイラル」

fu_deth

2015年「フッテージ デス・スパイラル」を見ました。
前作「フッテージ」(原題:SINISTER)はイーサン・ホーク主演。作家のオズワルドが一軒家に引っ越し、恐ろしい事件に巻き込まれるというオカルト映画でした。今回主演のジェームズ・ランソンはドラマから映画に活躍の場をスライドしつつある俳優さん。よくわからん人たちに襲われる女子大生(犯人はSNSでターゲットを見つけて集団で狩りする奴ら、みたいな感じ)の映画「KRISTY クリスティ」に脇役で出てたみたいだけど覚えてない。なお、「ウェイワード・パインズ」のS1の主人公の奥さん・テレサを演じたジャニン・ソサモンさんがヒロインです。... 続きを読む

「モンスターズ/新種襲来」

monsterszokuhen

2014年の「モンスターズ/新種襲来」を見ました。2012年の「モンスターズ/地球外生命体」はとても好きな映画のひとつで、「モンスターに支配されたエリアを」「お嬢様を警護して運ぶ男」「それでも残酷な現実」「交尾しながらキラキラ美しく輝くモンスター」などなど、とてもユニークなのです。たしか低予算で製作されたけれど大ヒットしたらしいですが、第2作。
・ベースは戦争映画で、主人公たちはチャラい若者たち
・モンスター相手じゃなく、この混乱に乗じて暴れる反政府組織
・どんどん仲間が死んでいく。
という感じで、戦争映画なんです!SF要素があるとはいえ、こういう映画はけっこう飽き飽きしている私(宇宙人と軍隊が戦う映画ってあまり好みではないというのもあります)。
あと、タイトルはグレムリンの続編の「新・種・誕・生」をマネしたのかね。
監督は大出世したらしいですが、もともとモンスター好きなのか。と思ったら、今作は監督が交代していました。... 続きを読む

「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビが化した世界」

afterdaysbody

2015年のアメリカ映画「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビが化した世界」を見ました。「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」はなかなかに面白かったのですが、この映画は面白いシーンはあれど、なんだか説明くさくなっているところもあって、別映画って感じがします。... 続きを読む