「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」

ファイナルガールズ

2015年のアメリカ映画「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」。80年代のカルトホラー映画の中に飛び込んでしまった若者たちが、変わっていく展開に振り回されつつ、殺人鬼を殺すために奮闘。しかし、殺人鬼を殺せる力を持つ『ファイナル・ガール』が死んでしまい……という、とてもユニークな話。しかも死んだはずのママ(女優)と映画の中で再開し、ママを死なせないために奮闘する主人公がまたかわいらしいという、とにかく脚本が素晴らしいお話。
もうひとつのブログでは2016年に見た映画の感想をまとめているのですが、そこでも大絶賛したくらい好き。ただ、全然知られていないのが残念。... 続きを読む

「ゴーストバスターズ」(2016年版)

goastbus

予想していたところより、予想していなかったところがう~んだったこの2016年版の「ゴーストバスターズ」。
アメリカではキャスティングに対してブーイングの声が大きかったように思いますが(それだけオリジナルキャストが愛されているんでしょうけど)。私は嫌いではない。まあ、好きでもないけど……というのも、ホンットーに脚本がヒドイと思ったので。オリジナルはそれぞれキャストに強烈な個性があって、でもそこにドタバタの会話劇、ユニークな幽霊たち、おバカだけどほんの少し、いやすごくカッコイイ彼らの活躍、そしておなじみのBGMがあって、とにかく愛すべき作品です。
でも、この作品は笑いの質があまりにも質が低い(エンディングロールでのアホなダンスシーンでは引きつり笑いしかでない)ことや、若者たちのサクセスストーリーとしてのスカッとした爽やかさもないし、ビル・マーレイとシガニー・ウィーバーのじれったくこそばゆいような恋模様もないし(シガニーの美しさは目を剥くレベル)、BGMにはアホみたいアレンジがなされているし、後ろにひっくり返ってそのまま起きられなくなりそう。映画館に見に行かなくてよかったかな……とすら思う。
あと、ゴーストがリアルではあるんだけど、怖くもファニーでもないところも悲しい。
あのギトギトした化学調味料まみれみたいな幽霊たちを返して!
個人的には翻訳もイヤでした……... 続きを読む

「クランプス 魔物の儀式」

kurumps

2015年のアメリカ映画「クランプス 魔物の儀式」。サスペンスコメディかと思いきや、がっつりホラー。クリスマスを信じなかったらこうなるぞ!という、「グレムリン」と同じ系統のお話。
・サンタの代わりにやってきた妖精?があたり一帯大虐殺する
・突然現れたクリスマスモチーフの悪霊たちの造形のまがまがしさ
・とにかく後味が悪いお話
と、いろいろ揃ってます。主演のアダム・スコットは普段はコメディに出演することが多い印象だったのですが、「LIFE!」とか「ブラック・スキャンダル」とかにも出てます。イケメンなのにクソおバカ、という役だったり、イジワルな役が多いイメージ。今回は普通のお父さんです。... 続きを読む

「アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ」

attackofthekillerdo

2016年の「アタック・オブ・ザ・キラードーナツ」を見ました。アメリカ映画です。
「アタック・オブ・ザ・キラートマト」も見ていますが、オマージュを捧げているそうですが……これはオマージュなのか?という感じの出来であります。
そもそも
C G で 再 現 さ れ て 空 飛 ぶ ド ー ナ ツ
という点で、ナンカチガウ感が増しております。ドーナツに歯を埋めて糸で動かすくらいのチープさがちょうどよかったんじゃないかしら。... 続きを読む

「ホーム・スイート・ヘル」

homesweethell

2015年のアメリカコメディ「ホーム・スイート・ヘル/キレた私の完全犯罪」を見ました。
このサブタイトル!思わずこみあげてくるものがありますが、涙なのか吐き気なのか自分でもわかりません!
・みんな大好きキャサリン・ハイグル主演
・完璧主義の奥様と、尻に敷かれている旦那。旦那の浮気をきっかけに、殺人事件に発展!?
・奥様は邪魔者をガンガン殺しまくります
という、「シリアル・ママ」を彷彿とさせる映画。とはいえ、あそこまで笑えないですけども。といっても、この映画が面白くないということではなく、下ネタ成分が非常に高いために見る人を選ぶという印象があるのです。... 続きを読む