「ロスト・バケーション」

lostvacation

2016年の映画「ロスト・バケーション」を見たぞ。アメリカ映画です。
・主演はブレイク・ライヴリー。旦那がブレイクしてよかったね。
・主演女優とサメだけ(他にもちょこっと出てくるけど)という、潔いキャスティング
・サメってこんなに暴れん坊なのか。
あまりにも真っ向からサメ映画ですが、CGがわからないくらいキレイだし、作り物らしきものも迫力満点で、ま~お金かかってるわねえと言いたい印象。それ以上に、ブレイクさんがカワイイのであります。とても出産経験があるように見えないくらいスレンダー……。... 続きを読む

「シンデレラゲーム」

cindegame

2016年の映画「シンデレラゲーム」を見ました。
・アイドルのデスゲームという、テーマ的にはかなりやり尽くされているジャンル
(ホラー映画はもちろん、ライトノベルやゲーム、漫画など広く浅くやられている感じ?)
・カードゲームのルールはまんま「カイジ」のじゃんけんゲーム。そこにバトロワを足した感じ?
・もちろん、殺し合いはネット配信されてます
いいかげん、殺し合いを娯楽としてネット配信しているんだハハハという展開はやめてほしい。「何十万もの人が見ているんだよ」なんてことあるか?... 続きを読む

「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」

jinrougame-p

2016年「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」を見ました。出演者が山谷花純さんくらいしかわからなかったけど、意外とハラハラした。
・人狼ゲームのルールを説明しつつ、ちゃんと犯人捜しを最後まで楽しめる
・全員のキャラが立ってる
・ゴアシーンもある
と、期待せずに見たら面白かったので得した気分。そういえば「人狼ゲーム クレイジーフォックス」はまだ見てなかったんだった。見よう。... 続きを読む

「ドクムシ」

dokumushi

2015年の映画「ドクムシ」。
・「クソすばらしいこの世界」の朝倉監督が担当
・武田梨奈ちゃんがヒロイン
・密室閉じ込められ系ホラー、ゲームで生者を決める
まあ、いわゆる「SAW」的なホラーです。今さらですが。にしても、この映画は特筆すべきところがないのですね。エッチなシーンが邦画ホラーにしても異様に多い(露出ではなく、キスシーンなど)のは特徴でしょうか。... 続きを読む

「400days」

400days

2015年のアメリカ映画「400days」を見ました。「スーパーマン リターンズ」で主演だった人が主演なのですが、イマイチぴんとこない。
・4人の宇宙飛行士が、400日間施設に閉じこもる実験に参加
・徐々におかしくなる4人
・だが、外の世界は終末を迎えていて……
という、実験が殺し合いに発展する「es」系の映画なのか、終末系映画なのか。とてもわかりにくいお話となっております。... 続きを読む

「奴隷区 僕と23人の奴隷」

doreiku

「奴隷区 僕と23人の奴隷」を見ました。漫画原作だっけ?と思ったら小説なんだそうです。あら、某山田大先生の話かしら?と思ったら違いました。まあ、なんだろう。想像通りの話ですが、アイドル主演の低予算ホラーにありがちな展開や演出もさほどなく、けっこう予算がある映画なんだなあ……と思いながら見ました。走ってる電車、並走して撮ってるとことか。ホラー演出とは関係なく、独白の雰囲気はすごくよかったのは出演者の演技力のたまものか。監督は「東京ゾンビ」の人でした。... 続きを読む

「ミッドナイト・アフター」

midnightafter

2014年の香港映画「ミッドナイト・アフター」を見ました。監督がフルーツ・チャンっていう名前だそうです。カワイイっすね。
・あるバスに乗り合わせた人たち。彼らを残して、町からは人が消える
・謎のガスマスクの男とは……?
・彼らだけがなぜ、街の中に残されているのだろうか?
先に言っておきますと、かなりの雰囲気映画です。イケメンじゃなくて、雰囲気イケメンみたいな感じ。味わい深い。ただ、日本人としては「?」と言いたくなるような展開もありますが……。... 続きを読む

「ザ・キューブ ファイナル・トラップ」

thecubefinal

2014年のアメリカ映画「ザ・キューブ ファイナル・トラップ」を見ました。
騙された。知ってたけど、騙された。「CUBE」シリーズではありません、この映画。
ただ、気になったので見てみました。
・謎の立方体(という名の普通の部屋)に閉じ込められた主人公
・タイムリミットまでに真実を思い出さないと、殺されそう!でも何も思い出せないの!
というお話。... 続きを読む

「ミッション:15」

mission15

2013年のアメリカ映画「ミッション:15」。
なんていうのでしょうか、非常に中途半端な気もするお話。
・エレベーターの中に閉じ込められたPTSDの兵士
・核攻撃されたから急いでビルから逃げなきゃ!
・しかし、ある恐ろしいプロジェクトに彼らは巻き込まれていた
この「ドンデン返し」が中盤でなされるわりに、あんまり驚かない。そして、そのドンデン返しからさらに恐ろしい事態が……?と期待していると、別に何もないのであります。
キャッチコピーが「閉鎖空間。極限の心理テスト。米軍兵士・禁断の[es]が目覚める」だったのですが、映画「es」を思いっきり意識しているのかな。... 続きを読む