『アフリカ館』と竹中直人の狂気には敵わなかった「映画 としまえん」

映画としまえん

としまえんの閉園が決まった今、この映画でしか私達はとしまえんロスを癒やすことができないのでしょうか。「映画 としまえん」。2018年の映画です。主演は元AKB48の北原里英ちゃんです。わりとしっかり演技ができる女優さんが揃っている印象ですが、けっこうトンデモない映画でした。... 続きを読む

貞子はニコニコ動画生主からYouTube配信者になったのだ「貞子」

貞子

2019年に公開された「貞子」。「リング」シリーズが「貞子3D」シリーズになり、そして「貞子VS伽椰子」を経て、中田秀夫監督が再びメガホンをとる(今、メガホンを持っている監督ってどのくらいいるのかしら?)ことに。すごく失礼だとは思いつつ、わりと大笑いしてしまった。
「貞子3D」で既に『ビデオ』ではなく、『配信動画』にスライドしていた貞子の居場所。今度は、ニコニコ動画からユーチューブに移動してきています。次はNetflixにでも移動してきそう。嵐とともに世界進出目指しそう。そのうち新しい映画のプロモーションでTikTokとか始めさせられそう。... 続きを読む

思い通りにならない彼女を多次元に飛ばす超能力少女「テルマ」

テルマ

2017年の「テルマ」。ノルウェー/フランス/デンマーク/スウェーデンの共同制作。テーマはずばり、超能力です。「キャリー」を思い起こす方も多そうですが、ずばり、共通点は多いですよね。
超能力を持った少女、歪んだ家族関係、報われない愛…でも、遠目には似ているけれど近くに寄れば寄るほど違う。「キャリー」(オリジナルのほう)はとにかく胸が痛い展開が続くし、エンディングも後味が悪い。とにかく救われない。でも「テルマ」は、それでいいの?それを選ぶの?あっ、やだなあ…という感じの展開が続くのです。... 続きを読む

※人魚は出てきません「黒人魚」

2018年のロシア映画「黒人魚」を見ました。「こくじんぎょ」だと思ったら「くろにんぎょ」だった。そりゃあそうか。てっきり、黒人のシーマンみたいな生き物が襲ってくる映画かと…黒人のシーマンってめっちゃ陽気そう。白人のシーマンは煽ってきそう。と、どうでもいい妄想をしてしまった。シーマン、スマホのアプリでリリースされないかしら。... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第10話(最終話)『闘いの果てに』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

アッシュが助けようとしたターニャはあっけなく死亡、教授は車の中でぐちゃぐちゃになって死亡する。アッシュは地下室の外に出るが、現在のルビーと過去のルビーが鉢合わせ、現在のルビーが刺されてしまう。... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第8話『アッシュの襲撃』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

現実世界ではケリーとパブロ、ルビーはGPSで消えたアッシュを探していた。
精神病院ではバールがアッシュを洗脳して、死者の書を破壊させようとしていた。そのためには、パブロが死ぬ必要があるということがわかる。
リンダは娘のレイシーを人質にとられ、アッシュを騙す片棒をかつがされていた。夫とは不仲になっていくリンダ。しかしレイシーは悪魔に取り憑かれて父を襲い、生首をむしって殺してしまう。ケリーはそんなレイシーを殺し、娘の死を知ったリンダは激しくショックを受ける。
(ちなみに、額にトランシーバーを刺して殺して「ユニコーンよ!」とゲラゲラ笑うシーンは悪趣味でよかった)
ルビーは追い詰められていくパブロを励ます。... 続きを読む