「葛城事件」

葛城事件

2016年の「葛城事件」を見ました。この監督の前作「その夜の侍」もよかったけど、この映画もすごくいい。劇場に見に行けばよかった。でも、すごく落ち込んで帰ってきて数日間うなされたと思う……。
無差別殺傷事件を起こしてしまった息子、そしてその父と母、兄の話。
本当に陰鬱で嫌な話ですが、見終わった後に残る「何か」がたまらなく好きな印象。... 続きを読む

「クリーピー 偽りの隣人」

creepy

2016年「クリーピー 偽りの隣人」を見ました。ずっと「クリーパー」だと思っていた。「ジーパーズ・クリーパーズ」の影響だろうか?
・引っ越したら、隣の人がどうにもおかしい
・嫁もどんどん浸食されていく
・サイコパスに打ち勝つことはできるのか?
という、サスペンスであります。130分あるくらいなので、だいぶボリュームがありますが、見やすい話ではあります。実在した事件もモチーフになっているのだろうなあ、とは思いました。... 続きを読む

「ザ・ボーイ ~少年人形の館~」

theboy

2016年のアメリカ映画「ザ・ボーイ ~少年人形の館~」を見ました。
・住み込み家庭教師をすることになったら少年は人形だった!
・秘密を抱えているらしい老夫婦、謎の館、人形……
・しかも主人公を追いかけて、DV彼氏がやってきた!
という、けっこう盛りだくさんのお話です。... 続きを読む

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」

asairamu2

2016年のアメリカ映画「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」を見た。なんと、メル・ギブソンが製作に名前を連ねております。個人的にはすごく唸ったお話。監禁病棟の話というと、どうしても「シャッターアイランド」みたいなおも~い印象を思い描きますが、適度に見ている側を楽しませようという気持ちが伝わってきました。意外にもロマンチックなのも素敵。
どことなくおかしい精神病院、美しい女性患者。そこに隠された秘密とは?... 続きを読む

「スウィート・ホーム」

sweethome

2015年のスペイン/ポーランド映画「スウィート・ホーム」。
・「REC」のプロデューサーが絡んでいるだけあり、後半は特に怖い。なめてかかっていたらマジで怖い。
・立ち退きを迫られるアパートに忍び込んだカップルだが、人を殺して物理的に家を空けさせる業者と遭遇する
・当初は渡り合っていたカップルだが、ある恐ろしい“殺人マシーン”が投入されたことで、カップルは想像もつかない恐ろしい夜を過ごすことになる。... 続きを読む

「ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑」

theboynextdoor

2015年のアメリカ映画「ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑」を見ました。現在は「The Boy Next Door」。「The Girl Next Door」(隣に引っ越してきたセクシー女優に男子高校生が恋をする話)は好きなんですけど、これはちょっと……。
・ジェニファー・ロペスが覗いたり覗かれたり
・若い男に手を出したらストーカーされたよ!
・でもなんとかするよ!
という感じの話。... 続きを読む

「デスブログ 劇場版」

deathblog

2014年の邦画ホラー「デスブログ 劇場版」を見ました。いや、劇場版もクソもテレビとかビデオ版があるわけでもないのですが。
・いわゆる普通のアイドルホラー
・ある女の子が始めたブログに登場した人物が、次々と襲われていき……
・オカルトかと思いきや、違います
ぶっちゃけ、主演のアイドルの子のファンの人は怒っていい。脚本はメタメタだし、登場人物が最低限しか登場しないわ小道具もロケ地もお金ないんだな……っていうのがわかるし、そう、怖くもかわいくもないんですよ!(いや、カワイイことはもちろんカワイイのですが、もっと映画ならではのかわいさってあるじゃあないですか。ちょっとした表情の儚さとか、美しさとかだけでもいいと思うの)ホントに、最初から最後までよくわからない。見るのが苦痛……という意味では、拾いものです。こんな映画にはなかなか出会えませんよ、昨今。... 続きを読む

「THE CALL〔緊急通報指令室〕」

thecall

2013年の映画「THE CALL〔緊急通報指令室〕」を見ました。
・ハル・ベリー主演、子役から美女に成長しつつあるアビゲイル・ブレスリンが誘拐される少女を演じています
・誘拐事件に対応する緊急通報指令室のスタッフ(トラウマ持ち)が少女を救うために奮闘!
・ハル・ベリーの映画ってガックリすることも多いですが(「キャットウーマン」のことは忘れない!)、例に漏れず……?... 続きを読む