好きなタイプは藤原紀香の謎「香港ゾンビ」

香港ゾンビ

98年の香港映画「香港ゾンビ」。
ホラーコメディです。香港のゾンビ映画はさほどタイトルが多くないはずですが、この作品はそのなかでも歴史が古い方に分類されるのかもしれません。しかしさすが香港クオリティ。なんかしょっぱい感じがするのであります。... 続きを読む

「ゾンビ・ファイト・クラブ」

zombifightclub

2014年の台湾のテレビ作品らしい「ゾンビ・ファイト・クラブ」。
団地のような集合住宅でゾンビが大量発生して大混乱する前半からの世紀末な後半のギャップがスゴイですが、それなりに魅力を秘めた作品だと思います。
・男はひとむかし前のイケメン(「Fine」とかにのってそう)、女子は露出度高め(ガリガリなのはなぜ……??)
・ゾンビたちは素晴らしいメイク
・前半の人間関係ごちゃごちゃななかにゾンビが放り込まれるさまは、なんだか脳がくすぐられているような不思議な感じがする... 続きを読む

「シンデレラゲーム」

cindegame

2016年の映画「シンデレラゲーム」を見ました。
・アイドルのデスゲームという、テーマ的にはかなりやり尽くされているジャンル
(ホラー映画はもちろん、ライトノベルやゲーム、漫画など広く浅くやられている感じ?)
・カードゲームのルールはまんま「カイジ」のじゃんけんゲーム。そこにバトロワを足した感じ?
・もちろん、殺し合いはネット配信されてます
いいかげん、殺し合いを娯楽としてネット配信しているんだハハハという展開はやめてほしい。「何十万もの人が見ているんだよ」なんてことあるか?... 続きを読む

「クランプス 魔物の儀式」

kurumps

2015年のアメリカ映画「クランプス 魔物の儀式」。サスペンスコメディかと思いきや、がっつりホラー。クリスマスを信じなかったらこうなるぞ!という、「グレムリン」と同じ系統のお話。
・サンタの代わりにやってきた妖精?があたり一帯大虐殺する
・突然現れたクリスマスモチーフの悪霊たちの造形のまがまがしさ
・とにかく後味が悪いお話
と、いろいろ揃ってます。主演のアダム・スコットは普段はコメディに出演することが多い印象だったのですが、「LIFE!」とか「ブラック・スキャンダル」とかにも出てます。イケメンなのにクソおバカ、という役だったり、イジワルな役が多いイメージ。今回は普通のお父さんです。... 続きを読む

「ドクムシ」

dokumushi

2015年の映画「ドクムシ」。
・「クソすばらしいこの世界」の朝倉監督が担当
・武田梨奈ちゃんがヒロイン
・密室閉じ込められ系ホラー、ゲームで生者を決める
まあ、いわゆる「SAW」的なホラーです。今さらですが。にしても、この映画は特筆すべきところがないのですね。エッチなシーンが邦画ホラーにしても異様に多い(露出ではなく、キスシーンなど)のは特徴でしょうか。... 続きを読む

「デビルズ・トレイン」

devilstrain

2015年のイギリス映画「デビルズ・トレイン」を見ました。電車で何かが起こる系の映画は、やはり盛り上がりますね。
・森の中で電車が立ち往生。
・何かに襲われてしまった彼ら。その正体とは?
・果たして彼らは生き残れるのか??ゾンビ映画にありがちな展開だが、○○映画だということで、また違う味わい。
・ひとりひとり、仲間が欠けていくいつもの展開!ビジュアルセンスは素晴らしい。
なお、この映画の監督は「復讐少女」(未見)「シタデル」(見たけどあんまり覚えてない。良作だった気もする)のポール・ハイエット。もともとは特殊メイクの方みたいですね。... 続きを読む

「パージ」

purge

2013年の映画「パージ」です。待ちわびたこの作品、待っただけの価値があったよなあ。とシミジミしております。「パージ:アナーキー」という続編のほうがやや好みですが、この映画も好き。ただ、ホラー好きにはわかりやすい展開が続きます。イーサン・ホークの熱演も素晴らしい。... 続きを読む