吐く音にエコーをつけるというセンス「怪奇!死人少女」

「怪奇!死人少女」を見た。2005年にDVDがリリースされた、白石晃士監督の映画です。原作は日野日出志先生。なぜホラー漫画家の巨匠はポニーテールなのだろうか。と、関係ないことが気になったけど、そもそも該当する人は日野日出志先生と御茶漬海苔先生しか思いつかなかった。そして久しぶりに神田森莉先生のことを調べたらとんでもない電子書籍を出してらっしゃるじゃない。ぜひ画像検索を。はらわたがよじれます。... 続きを読む

季節外れの通り雨がやってくる時、消えた子どもたちが戻ってくる「雨の町」

雨の町

2006年の邦画ホラー「雨の町」を見ました。原作は菊地秀行のSF小説で、未読ですが面白そう。読みたい。と思わせる映画。とはいえ、映画も負けてはいません。Jホラーが明らかに息切れしてきたであろう2006年頃であってもなお、なかなかどうして怖い作品です。つっこみどころが適度にあるのも好ましい。... 続きを読む

「幽霊ゾンビ」

幽霊ゾンビ

2007年の邦画ホラー「幽霊ゾンビ」。たまたま見たんだけど、「ゾンビ村」よりもはるかにできがよく、怖いシーンもちゃんとありました。と思ってクレジットを見たら、白石晃士監督だった。納得。キャスティングを見ると、「平野幽霊」「斎藤ゾンビ」「柳ユーレイ」とあり、柳さん以外にも幽霊さんっていたのねと思う。... 続きを読む

「人狼村 マッドランド」

人狼ゲームマッドランド

2017年「人狼ゲーム マッドランド」を見ました。今作でシリーズ6作目。そんなに出てるということは、そこそこDVDレンタル数がいいのでしょうか。
今回は、村人が圧倒的不利な「狂人村」が舞台でお話が進みます。前作とロケ場所が同じというこだわりは面白いけど、相変わらず「金持ちがゲームを見て楽しんでる」という設定はちょっと飽きちゃう。金持ち、そんなに暇じゃないと思うし。... 続きを読む