漫画「惨殺半島赤目村」が素晴らしすぎる。

惨殺半島赤目村

マンガアプリで幸運にも全話読むことができた(といってもコミックス2冊分)「惨殺半島赤目村」。久しぶりにスゴイ!と思ったミステリーホラーコミックです。
「花園メリーゴーランド」とも似た展開があるのですが、殺人事件が絡むうえ、後味は最高に悪いです。... 続きを読む

「幽霊ゾンビ」

幽霊ゾンビ

2007年の邦画ホラー「幽霊ゾンビ」。たまたま見たんだけど、「ゾンビ村」よりもはるかにできがよく、怖いシーンもちゃんとありました。と思ってクレジットを見たら、白石晃士監督だった。納得。キャスティングを見ると、「平野幽霊」「斎藤ゾンビ」「柳ユーレイ」とあり、柳さん以外にも幽霊さんっていたのねと思う。... 続きを読む

「DEMON デーモン」

デーモン

2015年のアメリカ映画「DEMON デーモン」。アンソニー・ホプキンスがおじいちゃんになったなぁ……と思いつつも、ラスト5分の演技に痺れる。こう、「目で演技する」なんてモノではなく、毛穴がぐわっと開くような何かを感じる。
ただ、映画のあらすじ自体は期待していたほど骨太ではないという点、主人公のお姉さんがものすごくゴツい点(まあ、きゃしゃでもガッシリでもどっちでもいいけど、「セクシー美人」っていう感じかなぁ?とは思う)は気になりました。... 続きを読む

「獣は月夜に夢を見る」

獣は月夜に夢を見る

2014年のデンマーク/フランス映画「獣は月夜に夢を見る」。美しい田舎の風景と、残酷な展開。見た目にもキレイなお話なのですが、王道のようなストーリー運びでありつつ、まだ真相が明らかになる前の前半、世界からつまはじきにされているように感じる少女の孤独さにまず胸を打たれる印象。... 続きを読む

「ヴィジット」

visit

どうしても「ヴィレッジ」と「ヴィジット」が混ざる!2015年の映画「ヴィジット」です。シャマラン監督の映画のなかでも、今までの作品とは少し違う特色があります。
・全編POV
・子役が完全に主演。そういや、「シックス・センス」も「サイン」も、監督作品ではないけど「デビル」も子どもがキーパーソンではありますが、今回は彼らは完全に脅かされる側です。... 続きを読む

「ロスト・リバー」

lostriver

2014年の映画「ロスト・リバー」。アメリカ映画。
・ライアン・ゴズリングが初監督
・幻想的な映像、ダンスとBGM
・底辺のエリアで暮らす家族のあがき
とはいえ、こちらが期待している「湖底に沈む村」が「池の底がヘドロだらけで何も見えない」というシーンばかり。我々の想像していた「幻想」とはかけ離れた、想定外の世界を見せられます。でも嫌いと言えない映画。ちなみに女性は美人しか出てきません。... 続きを読む

「死霊伝説」

salemslot

1979年の映画「死霊伝説」を見ました。この映画はすごくイイ。
小説「屍鬼」が影響を受けたと言われている、キング原作の小説「呪われた町」は学生の時に読んでおります。ヴァンパイアが田舎町にこっそりと潜み、仲間を増やしていくというスリリングな内容。監督はトビー・フーパーです。元はテレビドラマらしいですね(日本では映画として編集され直して公開された)。... 続きを読む