「デイ・アフターZ」シーズン3・第3話『抑えられない心』のネタバレ

デイアフターZ

ハウスホッファーはインガを殺し、ナージャを生け捕りにしてほしいと殺し屋に依頼していた。

カーチャはリーナの情報をくれたサーシャと再会していた。彼はカーチャにエクスタシー社の情報を渡している。一方で、アンドレイはテレビで勝手なことを話したカーチャに怒っていた。

銃の射撃場でアルバイトを始めたニーカだが、アホなカップルが的にゾンビの写真を貼って遊びたいと言い出し、彼女を怒らせる。ニーカは彼らを的にして発砲して、客を無理やり帰してしまった。

仕事をしていたカーチャのもとに、バレイラがカウンセリングをすっぽかしたと連絡が入る。バレイラの様子を見に行くカーチャだが、屋内では怖くて過ごせないという彼の姿を見て察し、プロデューサーからプレゼントされたアイパッド?を贈って帰ってしまう。しかし、その後彼を尾行したカーチャは、ニーカとバレイラが楽しそうに話している姿を見かけてしまった(ニーカはバレイラの就職のための身分証明をアンドレイから預かって渡しに来ただけなのだが)。

その頃、ミーチャの隠れ家にはバーディチたちゾンビ排斥派の若者が押しかけてきていた。モスクワからの脱者を探しているという彼らだが、ミーチャはうまく切り抜け、彼らは隠れ家の中に入ってくることはなかった。

ニーカはアンドレイからのプロポーズを受け入れ、2人は夫婦になる。アンドレイはニーカに、自分と同じ連邦保安局の仕事を紹介するといい、彼女は笑顔でそれを受け入れる。

研究を進めていたロボダは、ゾンビをコントロールする方法を知っているとインガに話していた。インガは当然それに食いつく。

その後すぐに初出勤したニーカだが、尋問の様子に立ち会うことになり、彼がエクスタシー社の被害者ではなくスタッフだったと見抜いてしまう。彼は忘れたふりをして、すべてを見抜いていたのだ。上司が少しだけいなくなったすきに激しく言い争い、彼の本音を引き出したニーカだが、勝手に振る舞った彼女を席を外していた上司に怒られてしまう。

カーチャの就任パーティにやってきたバレイラ。だが、テレビ局の人間が自分をジロジロ見ているような感覚に襲われ、不安な気持ちでいっぱいになる。カーチャのパーティでは彼女の陰口が囁かれていたり、バレイラにも無遠慮な質問が飛んだりする。ゾンビの狩り方を教えろ、銃の撃ち方を教えろと言い出すてテレビ局の人間に、バレイラは怒りをつのらせていく。

ミーチャは差し入れの酒を持ち、バーディチたちのもとに向かっていた。彼らから情報を引き出すミーチャだが、そもそも彼らが隠れている家の老人の孫はずっと失踪していたことから、彼らも怪しまれていることを知る。しかし差し入れをしたミーチャはすっかり彼らに馴染み、仲間にスカウトされる。

いじられ続けたバレイラはとうとう怒り出し、テレビ局を飛び出す。その先で警察官と鉢合わせ、つい逃げ出してしまうバレイラ(そしてなぜか反射的に捕まえようとする警察)。追いかけてきたカーチャが彼を助けるが、カーチャはこの関係に限界を感じているようにも見える。バレイラは追いすがり、彼女に謝罪する。

サーシャを匿っているクリスチーナは散歩に出かけようとするが、待ち受けていたボーイフレンドのアルトゥールチクに出くわしてしまう。彼はクリスチーナに絡み、彼女を守ろうとしたサーシャの首を締め上げた。

ニーカはバレイラを自分の職場にスカウトしにやってくる。彼は一旦断るが、たまたま通りかかった旧友に「モスクワ狩り(モスクワから逃げてきた人たちを狩るという遊び)をしよう」と持ちかけられ、激昂する。境遇を明かしたニーカのことをバカにする旧友にくってかかったバレイラは騒ぎを起こしたせいでクビになってしまった。

ミーチャは隠れ家に泥酔して戻ってきて、それをきっかけにナージャの不満が爆発する。街に出て遊びたいというナージャは、ひとりで出ていってしまう。

ニーカとバレイラは射撃場で銃を撃ちまくり、ストレス発散する。彼らは2人ともPTSDで苦しんでいた。
その苦しみを共有する彼らは、いつの間にか激しくキスをしてしまう。

感想

まさかの浮気!バレイラはアイジャンからカーチャ、次はニーカに心が移ったのでしょうか?なんじゃそら。サーシャもサーシャからアンドレイ、今度はバレイラ?さすがに展開が早すぎる…
おまけにナージャとミーチャも喧嘩してしまいました。このまま街に出て捕獲されるのかしら??
サーシャとクリスチーナのコンビがかわいらしいのが救いだけど、この2人は恋愛関係になるのかな?
あと、どのメンバーも職場の雰囲気が悪すぎて呆気にとられるレベルなんですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>