「iゾンビ」シーズン3・第3話『食べて、祈って、そしてリヴ』のネタバレ

iゾンビシーズン3

3話の事件

瞑想の教室の講師が殺された。犯人は同僚かと思われたが、リヴは彼を犯人だと思えず…?

3話の登場人物

トファー:被害者。瞑想教室のカリスマ講師。
レディバード:瞑想教室の同僚。
デヴォン:瞑想教室の同僚。実はトファーの元ビジネスパートナー。
ミッチ:トファーの元ビジネスパートナーだが、大麻の売人として逮捕され、出所したばかり。
ホームレス:謎のホームレスおじさん。デヴォンの犯行を目撃したようだが…?

ネタバレ

傭兵になったメイジャーは、軍事訓練でなかなかうまくいかなずに落ち込んでいた。チューブ入りの脳みそに抵抗を示しつつ、口に入れるメイジャー。そのまずさにビックリする。
そのおかげでメイジャーは女子高生脳から脱して元通りに戻っているが、リヴはまだ厳格な父の脳みその影響が残っているようだ。

ラウンジシンガーとして働いているブレインと、それを見守っているペイトン。前任のピアニストが死に、その葬式で歌ったブレインの歌声が気に入られたという。そして、ブレインの父の弁護士が会いたいと言ってきているが、彼はペイトンに同席を頼む。まだ記憶が戻らないからだ。

瞑想をしているクラス(石庭と陰陽のマークとインド風の洋服と、いろんな国の文化がゴチャゴチャに見えるけど)。授業後、ひとりで瞑想している指導者・トファーが撲殺される。

翌朝、第一発見者のレディバードはトファーの人柄の良さを証言する。彼には敵はいなかったようだが、レディバードの話はとにかくわかりにくい。
ただし、現場には靴跡が残っていた。また、ホームレスの目撃者も連れてこられる。逃げていった男は背が高く黒髪、ゴミ袋を持っていたという。

路地裏のゴミ箱を漁ることにしたバビノー。部下の警官(制服警官)に任せず、自分で探すという彼をリヴはニコニコと見送る(制服警官に嫌な仕事を押し付けるのは彼の信条ではない)。みごと、血まみれの靴を見つけたバビノー。

脳みそ入りチャイラテを作るリヴだが、危うくラヴィと自分のカップを間違えかけ、ラヴィは脳みそ入りドリンクを飲まされそうになって憮然とする。

ラヴィはペイトンと話すべきか悩んでいるが、そこにカップスが戻ってきた。彼女はマックス・レイジャー社の事件の遺体について調べている。飛行機の落下事件でも、人の脳を食べた形跡がある女性が遺体で見つかった。しかも、その女性自身も既に死んでしばらく経っているような形跡があった。カップスは少しずつ真相に迫りつつある。彼女は事件の調査に、シアトル警察署のラボを貸してくれと言い出した。了承するしかないラヴィ。

ラヴィはペイトンのオフィスを思い切って訪れる。ペイトンを避けていたことを謝罪するラヴィ。彼女とブレインの交際を責めるのは筋違いだったと認めたのだ。しかし、ふとした時にブレインとペイトンが付き合っていた事実が頭をよぎり、彼を苦しめている。
ペイトンはブレインと関係を持ったことを充分後悔していると怒り出し、彼女のほうからラヴィに謝ると期待していたのではないか?と指摘する。

ブレインは父の弁護士との話し合いに、ペイトンが現れずに困っている。彼は気付いていない。父の弁護士ととともにいるのは、彼が凍らせておいたはずの自分のゾンビの父親であることを。
ブレインの父は、自分の息子が記憶喪失になったことを初めて知る。そこにペイトンが慌てて登場した。彼女のほうが、ブレインの父が生きていることに先に気が付き、彼にそれを教える。
彼は3200万ドルの遺産をあっさり父に返し、人懐っこく父に話しかける。ブレインの父は思い出話を始めるが、ブレインが母のイヤリングを盗んで売ったことを告げ、彼に愛情を持っていないと明言する。

トファーは元やり手投資家で、大金持ちだった。だが、彼のパートナーのミッチは報酬を手に入れる直前になぜか大麻の売人として逮捕されてしまい、トファーはミッチの分前も手に入れていた。ミッチが出所したのは最近だ。トファーを殺したのはミッチなのかもしれない。

メイジャーの訓練はやっぱりうまくいっていない。メイジャーと友達のジャスティン以外は、ゾンビになる前から傭兵だった。ジャスティンは元DJであり、フィルモア社のパーティに参加したせいでゾンビになったと自分の過去を明かし、訓練すればいいと彼を励ます。だが、メイジャーの具合は(最初の治療薬の影響で)どんどん悪くなっていく。

ブレインのもとを尋ねてきたのはメイジャーだった。ナタリーのことを聞き込みに来たのだ。
彼女を拘束している客の電話番号をブレインに調べてもらうメジャー。ようやくその人物の情報を手に入れた。

ドン・Eとブレインの父は、新しい店をオープンさせる準備をしている。食料となる人間とゾンビ以外は中に入れてはいけないというブレインの父。

遺体安置所で、メイジャーはラヴィの診察を受けていた。残り時間は数週間しかないが、ラヴィは記憶を復元する薬を発明していた。ブレインでその薬を試すことを提案するリヴ。ペイトンから頼んだら、言うことを聞いてくれるかもしれない。

取調室にやってきたミッチの靴のサイズを測定することにしたバビノー。ミッチはビジネスマンのように忙しく電話に応対している。大麻を売りさばいたのは資金調達のためだったというミッチ。靴のサイズも現場にあったものと違うので、犯人像からズレていることがわかる。そしてミッチはトファーの教室で働いていたデヴォンという男も、自分のパートナーだったと暴露する(トファー、デヴォン、ミッチで起業した)。

逮捕されたミッチの金を山分けしたデヴォンとトファー。しかし、デヴォンは瞑想や精神世界に目覚め、仕事をやめた。トファーもその影響を受けて後に続いたという。また、ゴミ箱から見つかった血だらけの靴はデヴォンのものだった。
しかし、事件の起きる数日前に家に泥棒が入ったと彼は言い出す。リヴはあまりにのんびりした態度の彼は犯人像とはズレていると思うが、バビノーはまだ怪しんでいる。

飛行機事故で亡くなった女性(胃の中から脳みそが見つかった女性)が船上パーティにいたらしいと気付いたカップス。船上パーティと、胃の中の脳みそはつながっていると思っている。ラヴィを強引に連れ回すカップスだが…。

張り込み中に目を閉じて瞑想しているリヴを怒るバビノー。そこに彼の同僚が来て、「ポン引きが売春婦を怒鳴っていると通報が入った」と言う。バビノーは自分たちを通報した家の女性に、何かを目撃していないか聞きに行く。
路地のホームレスの目撃情報について尋ねるバビノーだが、彼女はホームレスの男が“逃げて”きたのを目撃していた。ホームレスこそが、トファーを殺した犯人だった。

メイジャーはようやく、訓練で思い通りの成果を出す。
ご機嫌のメイジャーはジャスティンに本物の脳みそを食べようと誘い、家で2人でダンスゲームをして遊んでいる。呼び出されたリヴ。メイジャーたちはズンバの先生の脳みそを食べたらしい。
メイジャーはジャスティンに追加の脳みそトッピングクラッカー(リッツパーティみたい)を出そうと準備しているが、自分がどんどん具合が悪くなっていることに気が付く。

犯人はホームレスに扮したミッチで、デヴォンの家から靴を盗んで跡を残し、犯人に見せかけたという。ホームレスとして変装していた彼が現場で飲んでいた酒瓶のDNAと彼のDNAも一致した。
刑務所にいたミッチはトファーから手紙を受け取っていた。トファーは彼をハメたことを謝罪していたのだ。しかし、ミッチは彼を許せなかった。

遺体安置所にいるブレイン、メイジャーとラヴィ。リヴとペイトンもやってくる。記憶復元薬を、ブレインで試したいというのだ。
だが、ブレインは薬を試さないという。自分の過去を思い出したくないのだ。ラヴィは突然キレて、メイジャーがゾンビになったのはブレインのせいなのにと怒り出す。ペイトンはブレインをかばい、メイジャーは自分が薬を試すと言うが、それでもラヴィはブレインにキレまくる。ペイトンはその態度を咎めるが、ラヴィはペイトンを愛していると告白した。面食らうペイトン。
ブレインはやはり薬を打つことにすると言う。そして彼の体に、薬が注射された。

ドン・Eは、人間とゾンビを見分けるために激辛トウガラシを食べさせることにしたらしい。ブレインの父は、脳の調達係のディノを連れてきた。「スクラッチングポスト」という店名をお披露目するドン。
ブレインの父はバングラディシュの病院も買い、オーダーメイドで食べたい脳を提要する客以外のゾンビにはその病院の脳みそを渡すという。
しかし、ブレインの父の扱いはやはり冷たく、ドンは彼らの飲み物を買いに行かされることになる。

ペイトンはラヴィの家を訪れ、彼の愛の告白を受け入れると伝える。キスするラヴィとペイトン。しかし、部屋の奥から事後らしきカップスが出てきた。ペイトンは傷つき、家を出ていってしまう。

ラウンジシンガーとして働き、歌っているブレイン。その様子を、雨に濡れながら見ているドン。メイジャーとリヴはブレインのライブを見ているが、そこに泣いているペイトンが走り込んでくる。
ドンはブレインを見つめた後、去っていく。彼だけが幸運にも幸せであることへの嫉妬なのか、それとも憎しみの視線なのかはわからない。

感想

ドンとブレインの決裂は寂しいですね。最後、パシリをやらされているドンがかわいそう…。
そしてペイトンに気持ちをぶつけるも、なんと速攻浮気してバレて修羅場になります。しかも相手はカップス先生。カップス先生は今後も話に絡んでくるかと思いきや、全然登場しません。とはいえ、彼女がメインとなるエピソードもありますが。
今回の殺人事件は、ドイルの『唇のねじれた男』をモチーフにしているのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>