「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティ」

herugebabu

2015年のトルコ/アメリカ映画「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティ」を見ました。邦題がヒドイし、パッケージの「野菜のつぎ、おまえ!」というフレーズも何なのだろう?
よくある不遜な若者たちが何かの逆鱗に触れてバクバク食べられる話?かと思いきや……全然違う!
・夢と幻と恐怖が混じりあっており、見る側を混乱させる
・いい感じのおっさんたちが、不思議なコミュニティに迷い込み、恐ろしい事態に巻き込まれる
・ビジュアルも夢に出そう!
個人的には大好き。見てよかったです。... 続きを読む

「マーターズ」(ハリウッドリメイク)

martyrs

2007年の映画「マーターズ」をハリウッドリメイクしたのが2015年の映画「マーターズ」です。
ビジュアルは焼き直しに近く、原作ほどの鮮烈さはありません。
・ある事件に巻き込まれた少女が大人になり、リベンジである家を襲う
・友人はそれを知り、咎める
・だが、真実が明らかになっていき……
原作を見たことがないなら、かなり衝撃的。でも、原作を見たことがあるとなんだかぬるーい感じの映画です。
「パラノーマル・アクティビティ」と「インシディアス」の製作陣が手掛けたんですから、そりゃあ中途半端かもしれない。なぜこれをこの製作陣でリメイクしようと思ったんだ……?
(まあ、まともな映画人なら安易なリメイクには走らないでしょうが。原作越えなんて異常に難しいでしょうし)... 続きを読む

「ザ・キューブ ファイナル・トラップ」

thecubefinal

2014年のアメリカ映画「ザ・キューブ ファイナル・トラップ」を見ました。
騙された。知ってたけど、騙された。「CUBE」シリーズではありません、この映画。
ただ、気になったので見てみました。
・謎の立方体(という名の普通の部屋)に閉じ込められた主人公
・タイムリミットまでに真実を思い出さないと、殺されそう!でも何も思い出せないの!
というお話。... 続きを読む

「タイガー・ハウス」

tigerhouse

2015年の映画「タイガー・ハウス」を見た。イギリス/南アフリカ映画だそうですけど、南アフリカ要素がどこにあるのかはわからない。
・女子高生VS彼氏の家に押し入ってきた強盗団
・彼女は無事に、カレとカレの母(イジワル)を助け出せるのか?
・そしてこの事件には裏があり……!?
ノーマークで見たら意外と面白かった。ただ、「面白いよ」と言われて見たら面白く感じるか(ハードルを越えられるか)は保証できないような。どうでもいいけど、日本では「MDGP」(世界で最も危険な映画決定戦!!)という、ようわからない映画祭くくりでまとめられて公開されていました。長州力さんがキャンペーンキャラクターだった。長州力さんはすごい人ですが、この人をキャンペーンに起用する企業の「どや、おもろいやろ」感は概ねヒドイですね。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のニューヒロインに抜擢された女優が主人公を張ってます。「メイズ・ランナー」にもヒロイン役で出ているようですが、この子、顔に特徴があるんですよね。美人なんだけど、ちょっとアクのある顔。細面だからかな。... 続きを読む

「マンホール」

septicman

2013年のカナダ映画「マンホール」。 「悪魔の毒々モンスターの現代版映画」みたいなキャッチコピーがどこかにあったのですが、たぶん私の見間違いです。だって、何もかぶってないんですもの。 あらすじ自体を非常に説明し難いのですが、水道関連の業者の主人公が謎の男に仕事を依頼され、ある施設へ行きます。すると、そこで下水に落ち込んでしまい、出られなくなる……みたいな話。 途中で猟奇的な場面がたくさん出てくるのですが、そもそもそれが妄想なのか?本当なのか?この男たちは何なのか?の説明がなさすぎてポカーンとする映画。... 続きを読む

「ネスト」

nest

2014年のスペイン/フランス映画「ネスト」を見ました。ケヴィン・コスナーのほうの「ネスト」とは全然別のお話。キャッチフレーズが「『エスター』を凌ぐ衝撃のラスト!!」「この女、狂ってる」というものなのですが、「エスター」とは全然別物の映画という印象なので、何言ってるんだコイツと思いました。もしかして「ミザリー」と間違えたのか?... 続きを読む

「ヘンゼルとグレーテル」

hanzelandgretel

2007年の韓国映画「ヘンゼルとグレーテル」を見た。いわゆる「子どもが怖い」系の映画ではあるのですが、実は彼らには恐ろしい過去があり……というお話。
ホラーファンタジーでありつつ、「閉じ込められる」系の話でもありつつ、カニバリズムもありつつという変わった映画です。... 続きを読む

「トム・アット・ザ・ファーム」

tomatthefarm

2013年のカナダ/フランス映画「トム・アット・ザ・ファーム」を見ました。
ゲイの青年が自殺した恋人の家族と出会い、彼の兄の暴力に染められて行ってしまうというストーリーです。排他的で支配的なのに依存してくる男のいいなりになってしまうトムがいかにもダメな男という感じ。... 続きを読む

「フューリー」

the fury

1978年の映画「フューリー」を見ました。
この映画、ブライアン・デ・パルマ監督なのですが、最後まで展開が読めない。当時の映画がこうなのか、パルマ監督の個性なのかわかりませんが、この映画に出てくる登場人物たちの性格の悪さ、嫌いじゃないぞ!... 続きを読む