「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」

ナーヴ

2016年のアメリカ映画「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」。海外のSNSで加熱しているらしい度胸試しゲームがテーマになっています。実際に「SNSを通じて受けた指令をクリアする」というゲームは存在し、死者も出ているらしいですね。今回はそれをより大袈裟にスケールアップさせ、青春・恋愛・サスペンス要素を詰め込んだ感じです。主演はかわいいエマ・ロバーツ。より美人度が増した感じです。相手役は「グランド・イリュージョン」でジャック役を演じていたイケメン、デイヴ・フランコです。... 続きを読む

「31」

31

ロブ・ゾンビ監督の新作「31」。意味があるのか?と思って調べたのですが、アメリカでは「13」は不吉な数字らしいですけど(「13日の金曜日」しかり)、「31」についてはよくわからない。まあ、意味なんてなくていいのだ!
ちなみに、この映画はハロウィンシーズンのお話です。ロブ・ゾンビはハロウィン好きなのか?そして相変わらず嫁が主演です。相変わらずベイビーは美人です。「マーダー・ライド・ショー」の頃とは違う、凄みのある色気がありますぞ。
「ロード・オブ・セイラム」はものすごく悪魔主義的な映画でしたが、今回は過去作のエッセンスをまた凝縮したような感じです。たぶん、ゾンビ監督は撮りたいものが変わらないんでしょうね。私は好きです。
音楽もいいし、フィルムの質感もいいし、80年代を意識したのだろうなという雰囲気も好き。「悪魔のいけにえ」とか好きなんでしょうねえ。知らんけど。... 続きを読む

「奴隷区 僕と23人の奴隷」

doreiku

「奴隷区 僕と23人の奴隷」を見ました。漫画原作だっけ?と思ったら小説なんだそうです。あら、某山田大先生の話かしら?と思ったら違いました。まあ、なんだろう。想像通りの話ですが、アイドル主演の低予算ホラーにありがちな展開や演出もさほどなく、けっこう予算がある映画なんだなあ……と思いながら見ました。走ってる電車、並走して撮ってるとことか。ホラー演出とは関係なく、独白の雰囲気はすごくよかったのは出演者の演技力のたまものか。監督は「東京ゾンビ」の人でした。... 続きを読む