「ゾンビーバー」

zombb

2014年の映画「ゾンビーバー」。
・おバカホラーとしていろんなタレントさんが大絶賛(という戦略をとる配給会社を、信用していいのだろうか?いや、してはいけない)
・ゾンビ×ビーバー、おバカなティーン、エッチなシーンに下ネタ。B級ホラーの皮をかぶったB級ホラー。しかし、ゾンビ映画というより動物パニック映画の色合いが濃い。... 続きを読む

「呪怨 ザ・ファイナル」

jyuonf1

「呪怨 ザ・ファイナル」。2014年の映画でしたっけ。
なんと「貞子VS伽椰子」も公開が決定したらしいですが、どうしてこうなったという感じ。「エルム街の悪夢」と「13日の金曜日」コラボよりもヒドイ気がするのですが、そもそも伽椰子さんは貞子のような「テレビから這い出して来る」「井戸から出てくる」というわかりやすいシーンがないですから、息子と黒猫を駆使して戦うの?それに貞子もキャラブレブレですし……... 続きを読む

「新選組・オブ・ザ・デッド」

shinsengumiofthedead

2015年のゾンビ映画「新選組・オブ・ザ・デッド」。別に見なくても良かったかな……としみじみ思ってしまうのは、やはりロケ地である日光江戸村の既視感がハンパねぇからでしょうか。
意外とグラドルの水樹たまさんの芸者の演技がおきゃんでかわいらしく、その代わりに俳優さんの演技が棒だったのでずっこける。... 続きを読む

「モンスター上司2」

Horrible-Bosses-2

2014年のアメリカコメディ「モンスター上司2」。
1はまったく!素晴らしい!と言いたくなる優秀なコメディでしたが(アメブロのほうでも触れていますが、バナナマンのコントに通じるくらい、テンポがよくてキャラがよくてやりとりが面白い)この作品はややパワーダウンしている感が否めない。
それでも充分面白いんですけど!ジェニファー・アニストンのコメディエンヌ(と言うかマジキチ)ぶりを見ているだけでも、心が洗われます(嘘)。... 続きを読む

「Zアイランド」

zisland

すごーく嫌だけど、見てみた「Zアイランド」。2014年の邦画です。なぜこの映画が嫌なのか?これはゾンビ映画ファンで同じ気持ちを抱えている諸先輩方もいるのではないかと思うのですが、うまく説明できない。ただ、本当に素晴らしい出来のゾンビ映画を見た時の絶望感、吐きそうな胸のむかつき、夜中に悪夢でうなされてしまう自分の浅はかさ。それくらい脳にビリビリくるゾンビじゃないならいらないよ!という気持ちがある。ただ、そういう気持ちになることはあんまりないですよね。「ゾンビ大陸アフリカン」以来、ないかもしれないなぁー。ゾンビ映画って本当に作るの難しいと思う。... 続きを読む

下ネタ映画になりはてた「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2」

hottub2

2015年の映画「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2」を見ました。2010年以来の続編ですが、正直いらなかったと思う。下ネタが大増量、くだらなさ増量。ラストは設定崩壊。
そもそも、1の魅力は
・タイムマシンがホットタブ(ジャグジー)という意外性
・失敗した男たちが、タイムトラベルを通して成功するという王道ストーリー
・おっさん(父親)とナード(息子)の協力物語
にあった気がするのですが、今回はその設定を全て壊しに来たよね。でも主演のロブ・コードリーって「ウォーム・ボディーズ」でゾンビのひとりを演じていた人なのか。ゾンビメイクだからわからなかったよ。まだまだ勉強が足らないですね。... 続きを読む

ハンサムなバカの面白さ「ズーランダー」

zoolander

「3%の体脂肪率。1%の知能。彼の名は…」というすさまじいキャッチフレーズの映画「ズーランダー」。2001年アメリカ映画。
ホラーじゃないんですけど、ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンが共演しているのに見ていなかった!と気が付いたので。
関係ないけど、デヴィッド・ドゥカヴニーが出ていてびっくりした。「X FILE」の後にセックス中毒になったというニュースしか知らなかったけど、今は元気にしてるのかね。
あと、ウィル・フェレルも出ているし、ヴィンス・ヴォーンとかも出てるし、カメオ出演多いんですよね。デヴィッド・ボウイまで出てきたし。... 続きを読む

「超科学実験体 ゾンビロイド」

zombiroid

2015年のカナダ/イタリア映画「超科学実験体 ゾンビロイド」を見ました。
ナチスドイツにゾンビが絡んでくるとなると「処刑山」というなかなかの名作ホラーを思い出しますが(雪山にゾンビがたくさん出てくる面白い映画)、この映画はゾンビがほとんど出てきません。ハ、ハズレ!... 続きを読む

「ライフ・アフター・ベス」

lifeafterb2

2014年のアメリカ映画「ライフ・アフター・ベス」を見ました。この映画、公開していたタイミングで見られなかったのをやや悔いていたのですが、想像とは全然違う映画だったので驚いた。
ゾンビになった彼女。新しく出現した、気になる人間の女の子。両方にいい顔をしているうちにとんでもないトラブルが起こる……という話かと思いきや、ゾンビがウヨウヨできたのでびっくり。「ウォーム・ボディーズ」みたいなゾンビラブコメかと思いきや、正統派のゾンビコメディでした。... 続きを読む