吐く音にエコーをつけるというセンス「怪奇!死人少女」

「怪奇!死人少女」を見た。2005年にDVDがリリースされた、白石晃士監督の映画です。原作は日野日出志先生。なぜホラー漫画家の巨匠はポニーテールなのだろうか。と、関係ないことが気になったけど、そもそも該当する人は日野日出志先生と御茶漬海苔先生しか思いつかなかった。そして久しぶりに神田森莉先生のことを調べたらとんでもない電子書籍を出してらっしゃるじゃない。ぜひ画像検索を。はらわたがよじれます。... 続きを読む

ゾンビに追われながら砂漠を歩き続けたら絆が生まれた不思議ゾンビ映画「サンズ・オブ・ザ・デッド」

サンズ・オブ・ザ・デッド

「サンズ・オブ・ザ・デッド」というダサダサの邦題のホラーがHuluにおちてきていて、見てみました。もともとDVDになった時点で気になっていたものの、あんまりにもジャケットの出来が悪かったので面白くなさそう…とスルー。いや、でもこれが面白いんです。最近見た「CUB」もHuluだけど私は好みだったし、一時期のクソゾンビ映画ラッシュよりはぜーんぜん見ごたえがありますね。2015年アメリカ映画だったかな。... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第5話『バールの出現』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

悪魔憑きの女の子・アンバーがアッシュに殺された件で、女警官・マージがチェットの店にやってきた。トイレは血まみれで、突然謎の男が登場。右手の中指だけが爪が黒く長いという特徴を持つ。女警官は操られるように服を脱ぎ、男に抱きしめられて背中を咲かれて殺され、皮膚をとられてしまう。... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第4話『呪いのデルタ』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

ぐちょぐちょになった父にショックを受けるアッシュ(ちなみに愛車に父親の目玉がついているという畜生描写ぶり)。パブロはデルタに立ち向かうものの、中に引きずり込まれてレイシーと行動をともにすることになった。死者の書は後部座席で彼らを嘲笑うが、パブロと死者の書には深いつながりがあるようだ。しかし、次の瞬間に車が事故を起こし、デルタは大破。パブロの腹には鉄骨が突き刺さり、アッシュにトランクに入れと言われる…という予知を見る。
アッシュはチェットの車に乗り込み、デルタに対抗することを選ぶ。チェットとともにデルタを追いかけたどり着いたのは、カーレース場の跡だった。
アッシュは車に追われつつ、火を吐くデルタと戦う。車は止まったもののパブロは死者の書に襲われ、アッシュは車の天井につかまってしまう。死者の書の呪文を唱えるように命じられるパブロ。車は血まみれで動きを止めたものの、ボンネットの中に地獄へのトンネルができてしまった。そこに死者の書を返すことにしたアッシュだったが…... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第3話『最後の夜』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

高校生たちに愛車のデルタを盗まれ、悔しがるアッシュ。高校生たちはデルタを乗り回していたが、その中には保安官の娘・レイシーもいた。だが、彼女の仲間がデルタの中にあった死者の書の呪文を唱えてしまい、悪魔を呼び出してしまう(ガールフレンドのアンバーに股間をくいちぎられる男の子も出てくる)。
車は勝手に動き、指を切り落としたりタイヤホイールで体を撃ち抜いたりと禍々しい行動を繰り返す。
レイシーはブレーキを踏むも、車の中で火が噴き出しシートベルトで縛られる。また仲間のひとりがタイヤで顔を削られて死んでしまう。... 続きを読む

「死霊のはらわたリターンズ」シーズン2・第2話『思いがけぬ敵』のネタバレ

死霊のはらわたリターンズ1

アッシュの実家に身を寄せることになったケリー、パブロ、ルビー。シェリル(たしか原作の中で死んじゃいましたよね)の部屋を複雑な表情で見つめるアッシュ。死者の書を取り戻そうと考えるアッシュだが、なんと遺体安置所の遺体の中に本が隠されているらしい。遺体安置所では、蘇った死体がモゾモゾ動き出している。... 続きを読む

ジジイの小便を武器にエイリアンと戦う低偏差値映画「キュート・リトル・バニーズ」

E3E6FA83-C0AD-4898-B7DD-3554D673325E

2017年イギリス映画「キュート・リトル・バニーズ」。ウサギの姿になったエイリアン(というよりエイリアンが操作する化け物)が人間の女性に種付けするという衝撃的な設定。ウサギのCGとグロメイクを組み合わせているのですが、CGがすごく画面から浮いていて不自然で、ものすごいアルバトロス感が映画です。... 続きを読む