友達がどんどん野生に返っていく…生き残るには殺すしかない!?『グリーン・イン・ザ・デット』

グリーンインザデット

非常にダサイタイトル『グリーン・イン・ザ・デッド』。原題は『野生』を意味する英単語「FERAL」だったはずなので、なんとも香ばしい感じはしますが、中身は90年代~00年代ぐらいのホラー映画をほうふつとさせる、なんだか懐かしいホラーです。

「人類は知るー “ヤツと戦わなければ ≪地上≫では 生き残れない!」

というキャッチコピーを聞いたら、森の中で何に出会うんだと思うじゃないですか。ご安心ください、ゾンビです。いや、ご安心できないけどさ。

登場人物たちは医大生5人に、主人公・アリスの彼女であるジュールズがくっついてきてできたグループ。アリス、ジュールズ、かわいいカップルのマットとブリーに、アリスと寝た経験があるらしいジェシーと気まぐれでワガママなジーナの合計6人であります。

アリスはジュールズを愛していますが、自分が女性と交際していることをどう父に告げるべきかで不安定になっていました。そのせいで不機嫌に。

一方、マットはブリーにプロポーズしますが、この直後になぜかおしっこをしに行き、何かに襲われて死亡。そしてブリーも何かに襲われて大けがをします。

朝になり、近くの小屋にいたタルボットという男性の助けを借り、小屋のベッドでブリーを休ませてもらうことにしたアリスたち。当然めっちゃ怪しい態度をとるタルボットおじさんなのですが、朝になったらマットの遺体は消えています。さらに、森にはなぜか動物の死体がぶら下がっている…なんて恐ろしい光景も見られます。

ジェシーとジュールズは助けを求めて森の外まで歩いていくことにしますが、アリスについて喧嘩になり(ジェシーはジュールズが女性と付き合っているのは気の迷いといい、彼女に好意があるような素振りをし始めた)、その結果、ジェシーが罠に足をとられてしまいます。

タルボットおじさんはブリーに薬を打とうとしているところをアリスに見つかり、ブチ切れられます。噛まれた人間は殺さないと恐ろしいことになると助言するおじさん。彼は隙をついて逃走します。

アリスは小屋の下に隠し部屋があるのを見つけ、改めておじさんを怪しみますが、そこにジュールズが助けを求めて戻ってきます。しかし、結局森に残してきたジェシーも襲われてしまい…しかも、その相手はマット!

ここで何かに噛まれると同じく何かになる、というルールが改めてわかるのですが、明確にはゾンビではないような… 野生の狼とかクマに近い描写ですね。

息のあるジェシーはアリスに発見され、小屋に連れて帰ることに。

ちなみにアリスはやたらと銃に強く、修理などもやすやすこなせることがわかるのですが、これは父親に襲わったそうです。コナン?

また夜が来て、隠れていたタルボットさんが小屋を襲来。さらに変化したジェシーが家の中に入ってきてジーナを襲います。噛まれるジーナ。それ以上にインパクトあるのが、ジェシーが短時間でハゲたこと… ミイラみたいな髪型になってました(チョボ毛のみ)。

タルボットとアリスは協力することにしますが、おじさんは息子が感染し、嫁・息子嫁・孫娘も感染した過去を告白。しかし女性陣は出てこないので、おそらくおじさんが殺したのだと思います… そしておじさんの息子のベンはまだ生きていて、森を彷徨って人を襲っているとのこと。マットを襲ったのもベンでした。おじさんはベンを監禁して治療法を探していたのですが、いい結果は得られませんでした。

腹をわって話したはずが、アリスは「感染者は殺すべき」と主張してきた(つまり、ブリーとジーナを殺せと迫ってきた)おじさんを地下室に閉じ込め、ジェシーやマット、ベンの襲撃をひとりでしのごうとします。しかし、結局おじさん頼りのアリス。おじさんをまた解放しますが、またまた逃げられてしまいました。しかし、おじさんはベンに襲われることを選びます(おそらくおじさんも感染?)。

おじさんに気絶させられていたアリス。気が付いたらジーナが変異済です。発症したジーナをバットでボコボコにしてジュールズを助けるアリスですが、あれだけ友達といっていたのに…

さらに地下室に隠れるアリスたちですが、友達だから殺せないヨーとのたまっていたブリーが今度は騒ぎ出し、居場所がバレていよいよ命の危機。アリスはジュールズを逃がそうとしますが、残念ながらアリスが助かり、ジュールズが感染してしまうことに。皮肉にも朝がやってきた瞬間でした。

ジュールズは銃をくわえて自殺して、アリスはショックで森をフラフラ。早く森を抜けたほうがいいんじゃないですかね…?

その頃、地下室ではまだブリーが蠢いていました…

というオチ。「キャビン・フィーバー」あたりを彷彿とさせる、私は好きな作品です。

それにしてもアリスはひどいなあ。おじさんの話を聞かずにワーワーギャーギャーと喚き、常に悪いほうへ、悪いほうへと行ってしまうのはなんなんだ。アホなのか。

あと、アリスが疫学を専攻しているという話があったので、てっきりタルボットのように感染したジュールズを監禁して研究に夢中になるエンドかと思ったけど違いました。

ジャケット詐欺がひどいですが、お話自体は面白いので、未見の方はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>