「アンダー・ザ・ドーム」シーズン1・第13話(最終話)『裁きの日』のネタバレ

アンダーザードーム

リンダはミニドームに困惑している。彼女はミニドームを押収しようとするが、その中で孵化したモナーク蝶がミニドームにぶつかるたび、透明なドームが黒ずんでいく。そして、それは街を覆うドームとも連動しており、ドーム内はどんどん暗くなる。
リンダはミニドームに触れて吹き飛ばされてしまった。ジュニアも戻ってきて、ジョーとノリー、ジュニアはまたドームを運んで逃亡する。

無罪を主張したバービーに怒るジム。しかし、たまごがドームを消せるかもしれない存在だと知り焦りだす。

ジュリアは異常に早く回復しているが、心配しているのはバービーのことだ。彼女とアンジーは警察署に入り込み、ドーム内が暗くなった混乱に乗じてバービーを救出する。

アンジーと合流したジョーたちにさらにバービーとジュリアも合流した。4人はミニドームに触れるとドームが割れ、蝶が飛び立つ。たまごが発光して地震が起きるが、それを収めたのはジュリアだった。ジュリアが『王様』だったのだ。
ジュニアは父親が悪人だと認めたくないため、皆と対立する。バービーはまたもや体を張って他のものを逃した。

パニックの住人たちを説得するジム。とうとう彼はバービーを処刑するための絞首台を作り始める。

リンダはジョーの家の納屋にあった「ピンクの星が降ってくる」という落書きを見つけ、ジムはそれを知って愕然とする。彼も妻が描いた予言の絵の存在を知っていた。

森のなかに逃げたジョーとノリーたち。ノリーはたまごにこれからどうすべきかを尋ね、たまごはアリスの姿をして語りだす。ドームは皆を守っているが、何から守っているのかはわからない。

バービーは警察署に連行されるが、ジュニアは父を問い詰め、とうとうジムは殺人を認める。だが、バービーになすりつけた罪を覆すことはなく、彼はバービーを絞首台に上げる。
ジュリアはたまごを湖に捨てるが、突然どこからともなくピンクの彗星が空に打ち上がり、真っ暗だったドーム内は真っ白に変化し、何も見えないほど明るくなる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>