「デイ・アフターZ」シーズン2・第12話(最終話)『母なる力』のネタバレ

デイアフターZ

ロボダはアイジャンのことがコントロールできないと知り、荒れている。

ブルイリはナージャには麻酔が効かないため、手術しようとしても無駄だとインガを説得する。だが、インガはナージャの子供がどうしても欲しい。

リーナは足に鎖をつけられて監禁されているが、老夫婦の家にルストが押しかけてくる(こいつ、どこでリーナが監禁されているとわかったのか…?)。リーナを助けようとするルスト。しかし、老人に刺されたルストは逆に彼を撃ち返し、殺してしまう。自分が犠牲になってリーナを逃したルストだが、老婆はその後を追いかけていき…?

ニーカとアンドレイに助けを求めるカーチャ。しかし、ニーカはカーチャに手を貸さないという。カーチャはバレイラをおいていけないといい、自分の原稿をニーカに託してモスクワ市内に残ると決める。

インガはミーチャに対して、ナージャの妊娠のことを話す。しかし、ミーチャの子供ではないと嘘をつき、彼女の子供を始末する片棒を担がせようとする。

バレイラは自分にアイジャンを殺させようとするが、カーチャが隠れ家にこっそりやってくる。鍵を探し出して彼を助けるつもりなのだ。しかし、カーチャと入れ違いで戻ってきたロボダはバレイラに神経ガスをかがせる。

ミーチャはナージャに腫瘍があると言い、手術を受けさせるように勧める。しかし、ナージャは彼の不安や恐怖を見抜いたまま、その提案を受け入れようとしていた。

ロボダは神経が麻痺しているバレイラに本当のことをブチまける。ラドムスキー教授を殺したのは、本当はロボダだった。(ということは、イリーナとマックスも??)
彼はエクスタシー社に、バレイラとアイジャンをサイプルとして提供しながらアピールをするつもりなのだ。ロボダはアイジャンを刺しまくり、彼女も傷ついてしまう。
(本来であればロボダに刺されてもアイジャンはすぐ復活するはずだが…?)
そんなロボダは、カーチャと鉢合わせして撃ち合いになってしまう。

ナージャの手術が始まろうとしていた。だが、ミーチャは考え直し、彼女に子供を産ませようと決める。同じ頃、ナージャは自分が妊娠していることに勘付いており、手術をしようとしていたブルイリを驚かせる。なぜか人間も操れるようになっているナージャ。ブルイリを脅して真実を聞き出し、インガのボディガードを自殺させ、ブルイリを引っ掻いて感染させて殺してしまう。そして、彼女は自分の仲間たちを呼び起こす。

正気を取り戻したバレイラはアイジャンの様子をうかがうが、彼女もボロボロだ。バレイラの心変わりを受け止めるアイジャンだが…?

ナージャのせいで、エクスタシー社はゾンビに襲われて大混乱状態になっていた。
その様子を監視しているサーシャとリーナ。サーシャはイライラして、リーナのことを怒鳴りつける。

気を失っていたバレイラは再度目を覚ますが、アイジャンは死んでいた。

インガはエクスタシー社から脱出する。
撃たれたカーチャを見つけたバレイラは、必死で彼女を助けようとする。
ナージャは逃げたり隠れたりすることをやめる。
ニーカとアンドレイは境界線の電源が切られた瞬間に逃げようとするが、怒り狂ったサーシャが電源を復活させ、彼らの脱出の邪魔をする。
「いい母親になるよ」そうからかうミーチャの横で、ナージャはゾンビたちを呼び集め続ける。
カーチャは命をとりとめ、バレイラとハグしている。
傷ついたロボダは逃げ続け、ゾンビたちに追い詰められていた…

感想

もう、人間が操れるとか再生能力があるはずなのに死ぬとか、この映画のルールが全然わかりません。カーチャとバレイラが両思いになったり、ミーチャとナージャがゾンビたちを支配したり、サーシャが闇落ちしたりとまあまあ忙しいですが、いつかみんなが和解することってあるんでしょうかね。

死んだのはアイジャンとブルイリ、あとリーナ以外の仲間たちかな?(コースチャン、アグラーヤ、ペーチャ、ナースチャ、ルスト。ボーバとレイシャはわかんない)
シーズン2から出てきた人たちがめちゃくちゃ冷遇されてましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>