「デイ・アフターZ」シーズン2・第5話『赤いドレスのゾンビ』のネタバレ

デイアフターZ

新しい拠点からも逃げなくてはいけなくなるバレイラたち。だが、武器がない!(オリバーが盗んだから)
エクスタシー社のパトロールたちも来て、動向を見守っていた。
ニーカは囚われていたアンドレイを助けるも裏切られ、サーシャはアンドレイの謎の携帯電話を奪還されてしまう(ゾンビのGPSがついていた模様)。

ナージャを撃とうとするバレイラを止めるミーチャ。彼はナージャを誘導し、ゾンビたちを建物の外に連れ出した。パトロールたちは驚きながら一部始終を見ている。

ペーチャやナースチャ、リーナたちは地下に隠れていたが、リーナは目が痒くなってしまう。感染の兆候なのか?(ただし、彼女はまだ子供のため感染したら死んでしまう)
ルストはミーチャが実は女なんじゃないかという驚きの説を唱え、みんなを呆れさせる。

ミーチャになつくナージャは、彼に襲わず甘えている。だが、ミーチャは自分を襲うように命令する…?

カーチャはペーチャに取材をしていた。彼の話によると、ゾンビは既に超音波を克服していたらしい。
ロボダの診察で、リーナの目はヘルペスだとわかる。しかし、彼女には薬が必要だ。
ロボダは、アンドレイにゾンビの薬のカプセル(もともとアンドレイが持っていたもの)を持ち去られたと言い出した。

他の者たちは逃げ出すつもりだが、ナースチャはリーナと拠点に残ると言い出す。だが、ルストがリーナの薬を取りに行くと主張した。しかし、ルストは預かった銃を盗んで外に逃げ出し、逃亡してしまう。
アンドレイの逃亡を助けたのは誰なのか?バレイラは犯人を探り始める。

エクスタシー社では、インガが部下を死なせた上にナージャを捕まえられず、しこたま怒られていた。

ミーチャは結局、ナージャと一緒に行動していた。彼女のことを持てあますミーチャは、ナージャにガソリンをかけて燃やそうとまでする。

なぜか逃げたはずのアンドレイが戻ってきて、カーチャに話しかける。彼もカプセルを探しているようだ。泥棒はアンドレイではなかった。

ミーチャはなぜナージャに噛まれないのか、ロボダは気にし続けている。ナージャはゾンビのボスだろう。
一方、バレイラはゾンビがアイジャンに見えて仕方ない。彼女との生前の約束を守るため、アイジャンがゾンビとして再度蘇ったのならば、また殺すつもりだ。

記憶を消されたマリーナは、すっかりエクスタシー社の広告塔になっている。

ロボダはナースチャとイチャイチャしている(こいつ何なんだよ)。

カーチャの取材を受けるロボダ。カーチャはこんな時でも熱心だ。カーチャに銃を教えるバレイラだが、2人は自然といい雰囲気に…?

エクスタシー社にも、ミーチャとナージャの身元が割れていた。彼らは2人を拘束しようと捜索を始める。
しかし、ミーチャはもともと住んでいた豪邸に戻り、ナージャを連れ帰っていた。ナージャと交流しようとするミーチャだが、なんとナージャはミーチャの言葉を理解していることがわかる。

感想

ここから「人間と意思疎通ができるゾンビ」が出現するのですが、その条件は不明。もともと監禁されて実験対象だったナージャやアイジャンは好きな男性を襲わなかったのですが、他のゾンビにもそれが共通しているのか?等はまだ明らかになりません。
そして意外にもシーズン1ではドジっ子だったロボダがシーズン2で性格の悪さを露呈していきます。
マリーナはこのまま仲間から脱落したままなのか?そして、ルストはどこに消えたのか?
と、まあまあ気になる伏線が残ったままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>