「デイ・アフター・Z」シーズン1・第5話『静かなる街』のネタバレ

デイアフターZ

爆破をする寸前、突然ドアが開いて小太りの男が入ってきた。具合が悪そうな彼を熱心に看病する女性陣(イリーナやナターシャ)。彼の服からカードキーも発見された。それを使って外を覗きに行くバレイラやスタース。部屋のまわりには死体がたくさん落ちている。バレイラたちは外に出ることに成功するが、彼らはものすごく山奥に監禁されていた(と思いきや、徒歩で市内に行けるレベルだった)。

話し合いの結果、イリーナ、バレイラ、パーシャ、ナージャ、マリーナ、ニーチャで外に出てみることになる。
その裏で、スタースはナターシャにアプローチを続けていた。サーシャとナターシャが思い合っているのを知ったスタースは、ゲーム感覚で彼女を口説き続ける。

ショッピングモールに入ったイリーナたち。大量の食料にはしゃぐ(ゾンビあるある)だが、そこには女たちの影があった。彼女たちは感染者で、人を食べていた。逃げ出した彼女たちを助けてくれたのはマックスだった。
女ゾンビたちの叫び声はダメージがあり、鼓膜が破けて血が出てしまう。だから、部屋に逃げ込んできた男の耳からも血が出ていたのだ。マックスから事情を聞くことにしたイリーナたちだが…

感想

この世界のゾンビたちは肩は外れ気味で肩甲骨を寄せた感じ(首と胸だけが出っ張ってる感じ)の姿勢で、カックンカックン歩くという謎設定。そして叫び声で鼓膜を破いて相手にダメージを与えるという、なかなか最強のゾンビです。遠距離攻撃までできるってすごくないかしら?
あと、女性陣は頑なに着替えないのね。ハイヒールくらいは履き替えてほしい。見ているだけで脚が痛い。食料もだけど医薬品探せよとかとか、イライラしましたね。とにかく。