「デイ・アフター・Z」シーズン1・第2話『ウイルスと感染』のネタバレ

デイアフターZ

黒幕のエクスタシー社は、モスクワにDNAを変えるウイルスをばらまいた。妊娠できる年齢の美女は、感染するとある変わった反応が出るらしい(つまりゾンビになる)。
開発者のラドルスキーを探す社長だが、彼はなかなか見つからない。ラドルスキー自身、街をさまよって閉じ込められていたからだ。モスクワはパニックが続いている。

ウイルスに感染したジェーニャがなにか知っているのではと思う面々だが、彼はすっかり妄想に蝕まれている。
一方、機械に詳しいサーシャはエクスタシー社がこの実験に絡んでいることを突き止めていた。
ジェーニャは暴れてマリーナのことをスパイ扱いし、パーシャがそれを慰める。ハデハデのナージャはマジメでリーダー格のイリーナが気に食わず、ニーチャを味方につけようとするが、逆効果に終わる。ニーチャはイリーナをナンパし続けるが、彼女の反応は冷たい。その後、風呂に入った彼は服を盗まれてしまう。

そしてジェーニャは少女の幻覚を見た後、死亡する。

感想

ジェーニャが見た少女の幻覚は、このシーズンでは正体不明。この下位でもあまり話が進展しません。ニーチャとイリーナ、ナージャが三角関係だと説明するエピソードって感じです。