「iゾンビ」シーズン3・第10話『死んだはずのあなたへ』のネタバレ

iゾンビシーズン3

自宅にこっそり戻ってきたボス氏。衣装ケースのなかの大量の金、パスポート、貴金属を入手する。彼女の妻は、夫が後ろにいると気付かずに「死んでりゃあいいのに」と電話で悪口を言い続けている。

メイジャーとショーナは楽しい夜を過ごす。そこにラヴィから電話がかかってくる。ラヴィはロンドンに帰るフリをしているが、実は反ゾンビ組織がドンを殺さないように見張りをしなくてはいけない。しかし、彼は携帯電話を取り上げられてしまった。インテリのラヴィは彼らから浮きまくっている。
そして、吊り上げられているドン。

リヴはペイトンの予定を知りたがっている。ジャスティンとイチャつきたいからだ。2人はまだ関係を持ってすらいない。
ペイトンは毎日でも外出してあげるから、ウェクラーの脳みそを食べてくれと懇願する。リヴは彼女に負け、ウェクラーの脳みそを食べる。炒り卵に青い脳みそを混ぜて食べるリヴ。

ブレインはようやく、ドン・Eがいなくなったことに気が付く。
しかし、ドンは反ゾンビ組織に捕まったまま、まだ脳の影響にどっぷり浸っていた。

ペイトンはコスプレを強制され、女王様のフリをしてウェクラーのビジョンを引き出す手伝いをさせられている(すごいサービスカット)。ムチのかわりにハエたたきを渡されるペイトン。リヴはペイトンを挑発するが、ペイトンはいつの間にかノリノリの女王様モードに入ってしまい、リヴのお尻をペンペン叩く。それをきっかけにリヴはビジョンを見るが、やはりウェクラーが殺人犯だと告げる。彼がロクサンドリアを絞殺したのだ。
しかしリヴは、ドレイクの幻覚を見て飛び上がる。

メイジャーとショーナはリビングでも楽しんだらしく、そのままピザをとって食べている。

ドンは意識を取り戻すが、ラヴィに状況を説明してもらうものの、まだ朦朧としている。しかも彼は空腹になってきてしまった。

リヴはドレイクの幻覚を消すために、別の脳を食べようと遺体安置所をうろつく。しかし、そこにもドレイてきてしまった。
バビノーはリヴから現状を聞かされ驚くが、ペイトンが「ランチを食べに行こう、寿司がいい」といった瞬間にビジョンを見る。ウェクラーは誰かに首を吊るされて殺されたというリヴ。彼は他殺されたのだ。しかも、看守に。
ウェクラーは娘に電話をかけた時、「奴らに気をつけろ」と言っていたようだが…?しかも彼の娘も行方不明になっている。

ジャスティンと楽しむリヴだが(ペイトンはバビノーと食事に行った。珍しい組み合わせ!)、またまた真横にドレイクが出てきてビックリする。

ブレインの葬儀社を訪れたボス氏は、彼を襲撃する。しかし、ゾンビ化したキャンディに驚いたボス氏は、同じくゾンビ化したブレインに捕まってしまう。

メイジャーの家を訪れたリヴ。ショーナと顔を合わせて驚く。さらに、ショーナとメイジャーがイチャついた痕跡をみてさらに驚く。だが、ドレイクはまだ消えておらず、横に現れてはリヴを茶化す。

メイジャーの新恋人・ショーナを見てショックなリヴの独り言を聞いてニヤニヤしているバビノー。
しかし、ウェクラー殺しの目撃証言があるという囚人が出てきたという。
しかし、再会した囚人はシーズン1・第4話で逮捕されたアジアマフィアだった(リヴがカンフーでこてんぱんにしたせいで、彼はリヴを恨んでいる)。彼はゲイリーという看守が犯人だと証言する。

ゲイリーの家を訪れたバビノーとリヴだが、そこではゲイリーの葬式が行われていた。彼は突然妻を伴って出かけたメキシコのクルーズで転落死したという。
ロクサンドリアを殺したウェクラー、ウェクラーを殺したゲイリー。そしてゲイリーも殺された。彼らはウェクラーの娘を探し出し、彼女のもとを訪れることにする。

ドンの様子を見守るラヴィ。ハーリーの兄弟のボーは、ゾンビの起源についてムチャクチャな仮説を立てている。ラヴィは一緒に見張りをしていたボーを眠らせ、ドンの尻の間に挟まっている携帯電話を取り出そうとする。しかし、ドンはラヴィの頭を食べようとする。なんとか携帯電話を手に入れたラヴィだが、リヴの電話番号がわからず、ブレインに電話をかける。しかし、彼は留守電にしているようだ。

ボス氏を棺桶に入れたまま、脳みそをパクパク食べているブレイン。ボスはブレインが死なないことに驚く。とうとうブレインは自分がゾンビだと明かすが、ボスは信じない。

ハーリーはレイチェルを連れて戻ってくる。ラヴィは寝ているボーについてなんとか誤魔化すが、時間がない。

ボスに脳みそを見せるブレイン。ゾンビの定義について説明するが、ボスはブレインの首を刺して殺そうとする。だがブレインは死なず、国際的に麻薬を密輸し続けているボス氏と組み、脳みそビジネスを国際化しようと持ちかける。ボスは諦めて、彼とのビジネスを受け入れる。

ウェクラーの娘のテイタムのもとを訪れるバビノーとリヴ。彼の父は自殺ではないと告げ、協力を求める。しかし、テイタムは多くを語らない。テイタムとその友達はリヴたちを見送った後、「警察にもゾンビがいるんだぁ」と言いながらチューブ入りの脳みそを啜る。彼女たちもまた、ゾンビだった。

幻覚のなかのドレイクに謝罪して、さようならを言う2人。その瞬間をジャスティンとペイトンに見られてしまうが、改めてジャスティンとリヴは関係を持つ。
しかし、ブレインが突然やってくる。「悪人やっつけたい?」と聞かれ、驚くリヴ。

ゾンビ化が進んでいるドンを観察し続けている反ゾンビ組織。
外にいて様子をうかがっているリヴとブレイン。武器が必要だというリヴの掌をやけどさせるブレインだが、そのせいでゾンビ化したリヴは彼の頭を車に何度も叩きつける。2人はゾンビ化して、咆哮する。

ドンを感電させ、拷問させようとする反ゾンビ組織。ラヴィは必死でそれを止めようとするが、彼らは言うことを聞かない。レイチェルも必死で止めようとするが、皆が暴走している。ラヴィはハーリーに銃を突きつけられた。

感想

アンチゾンビ組織が出てきてから、絶妙にテンションがダウン。たぶん、シーズン2の対マックス・レイジャーと比べるとインパクトが弱いせい?
ウィクラーの娘のテイタムが不気味なのはすごくいいですね。あと、リヴとブレインの組み合わせも大好き。
ちなみにボスとブレインが協力することになるも、ボスはこのあとシーズン3内には出てきません。