「iゾンビ」シーズン3・第8話『過激なスタント』のネタバレ

iゾンビシーズン3

第8話の事件

過激ないたずら動画のスターが、火の輪くぐり中に炎上して殺された。彼の過激な動画のせいで、傷付いた仲間もかなりいるようで…??

第8話の登場人物

フィン:いたずら動画のスター。過激ないたずらでネットでは人気者。
ルディー:フィンの動画の裏方。彼に股間を殴られたり蹴られたりする動画が人気を集めていた。
ナターシャ:ルディーの妻。
コン:フィンの動画のカメラマン。彼の息子がフィンのマネをして障害を負っている。

ネタバレ

家で居眠りしている新聞記者・ジェレミー(ゾンビ。ブレインの邪魔をして、カオス・キラーに拉致されるも助かった模様。シーズン2・12話に登場)の頭に銃をつきつけるブレイン。腹を撃たれている彼は脳みそ市場の新しいボスの居場所を教えろ、そして自分をゾンビにしろと迫る。

フィルモア社では、反ゾンビ組織のハーリーがゾンビ化したジャスティンの動画をアップロードされたことについての話し合いが行われている。だが、タトル・リード殺人事件の犯人は本当に彼らなのだろうか?
ヴィヴィアンはメイジャーだけを呼び出し、彼が人間に戻ったことを見抜く。

しかし、その直後にヴィヴィアンと彼女の側近のフォーテサンの乗っていたヘリコプターが墜落してしまう。

ヴィヴィアンの訃報がニュースでも報道されているなか、彼女の弟のチェイスが後を継ぐために戻ってくることになる。
ハーリーたちは週末に反ゾンビ組織の集会を開催するらしいが、顔バレしていないラヴィがそこに侵入することになる。

いたずら動画のスターであるフィンは初恋相手の家の前で火の輪くぐりに挑戦する。が、彼の防火スーツは可燃性の素材にすり替えられていて、そのままカメラや野次馬の前で炎上して死んでしまう。

翌日、事件現場で検死しているリヴ、ラヴィ、バビノー。
ルディーは事件現場に勝手に入ってきて、自分が作った防火スーツについて証言する。フィンが着るはずだったスーツは1着だけしか存在しない彼の手作りだ。それが偽物になっていたのだ。ルディーは、フィンはたくさんの人を怒らせたが仲間からは愛されていたと証言する。リヴはフィンの脳みそのステーキを作って食べる。

ブレインはドンやタナーたちの動向を見張っている。
フィルモア社の社員が全員ゾンビだと知ったブレインの父は、何かを思いついたようだ。

フィンの仲間のスタントマンたちは、シアトル署に来てもふざけ続けている。警官のテーザー銃を仲間の顔に撃ったらしい。バビノーはその輪の中に加わるリヴ(自分も額にホッチキスを刺す)に、先行き不安だと感じている。
取り調べでは、フィンの友達はコンというカメラマンがフィンと因縁があったというが、詳しいことは話せないという。

コンはカラバス市長候補のアピール動画を撮っていたが、そこにバビノーとリヴがやってくる。しかし、リヴの失態でコンは口を閉ざしてしまう。バビノーはリヴにイライラしているように見える。

ブレインは葬儀社の地下室で、実験を続けている。

ドンの店はさらに繁盛しているが、ドンはブレインの父からひどい扱いをされている。

リヴとラヴィは調査と称して、フィンの映像を見まくってゲラゲラ笑っている。
しかし、リヴはフィンがルディーに対してひどいことをして、ものすごく怒らせてしまったビジョンを見る。

フィンの仲間を呼び出したリヴとバビノーだが、ルディーを怒らせた動画に関しても口を閉ざしてしまう。しかし、1人だけ戻ってきた仲間がフィンのいたずらの中身を教えてくれた。フィンはルディーの妻を寝取ったのだ。

ルディーを呼び出したバビノー。だが、ルディーは股間にはいつもカップをつけているからいくら蹴られても平気だとネタばらしし、妻を寝取ったのもいたずらだと理解しているという。
コンとフィンが揉めていた理由についても話すルディー。コンの息子・リーがフィンのマネをして障害を背負ったという。

リヴはコーヒーカップに瞬間接着剤をつけており、バビノーはおもむろにコーヒーをかぶってしまう。
その監視カメラの映像を見て絶賛しているラヴィ。彼はアンチゾンビの集会に潜り込む手はずを整えたらしい。

ジャスティンを家に招待して、ディナーを食べさせたリヴ。ジャスティンにもフィンの脳みそを食べさせ、スーパーマックスを飲んで過激ないたずらを一緒に楽しむ。そして、ジャスティンとリヴはキスをする。
そのキスの途中でビジョンを見たリヴ。彼に可燃性の衣装を渡したのはやはりルディーのようで…??

偉そうなブレインの父に辟易しているドン。
だが、ブレインから電話がかかってきて驚く。彼は死んだはずでは…?
ブレインはドンとその父親のやっていることをすべて知っていると話す。
ドンはブレインの父にそのことを伝え、ドンとタナー、ディノは再びブレインを殺しに向かう。

ルディーの家に行き、本人不在の仕事場を見せてもらうバビノーとリヴ。
火炎防止剤を見つけたリヴだが、実際に自分の体で試し、中身がすり替えられていないと確かめる。そこにスターシャ(ルディーの妻)が出てきて彼らを追い出すが、生まれたばかりの子供を見てバビノーは絶句する。スターシャが出産したのは、フィンの子供だったのだ。そして、子供が生まれたのは4日前。事件の直前に生まれたのだ。

スターシャはフィンと本当に寝ていた。そのことにショックを受けたルディーがフィンを殺したのだ。ルディーは彼を殺し、その動画でフィンのサイトの最高視聴数を獲得した。それこそがフィンに対する最高の復讐だ。

ブレインは荷物に紛れ込んで、ドンのバーを襲撃する。ブレインの父に銃をつきつけて少しずつ撃っていくブレイン。
さらに父の足元をコンクリで固めた後、殺さずに井戸に落とすと宣言する。ブレインの父は最後まで息子に暴言を吐きまくる。父を井戸に落として、満面の笑みで去っていくブレイン。

ドンが戻ってきたら、ブレインがオフィスで待ち受けている。ブレインはドンを殺さない。2人は再度手を組む。

メイジャーやジャスティンたち傭兵は社内で盛り上がっているが(ヴィヴィアンの通夜だから)、そこにチェイスが現れる。リヴとのデートのためにスーパーマックスを盗んだジャスティンの腹を、チェイスは躊躇なく撃つ。

アンチゾンビの集会に潜入しようとしているラヴィとリヴ。変装をしているがハーリーに見抜かれそうになったうえ、入り口では脈拍をチェックして人間かどうか確認している。リヴは帰り、ラヴィだけが集会に潜入することになってしまう。

感想

ブレインの父を欺いたブレイン。このシーンが最高にカッコイイ!
ただ、殺人事件のほうは完全にオチが読めてしまったのが残念。白人夫婦に肌の黒い子供が生まれた→不倫だ!ってなんだか下衆い演出ですね。フィンの仲間がいっぱい出てきたわりに、疑われる展開はありませんでした。
あと、メイジャーはリヴのことが好きなのに、自分は人間だから諦めてジャスティンに譲ったってことなのでしょうか?
ジャスティンもメイジャーとリヴが婚約していたのに仲介を頼むっていうのはちょっと…