「iゾンビ」シーズン2・第18話『空腹のメイジャー』のネタバレ

iゾンビシーズン2

リヴはラヴィとメイジャーの部屋にやってきているが、あまりに神経質なベイリー(前話の被害者)の脳の影響でDVDを並べ替えるのに夢中になっている。そこにFBIが家宅捜索をするといって入ってくるが、そこにはバビノーもいた。
メイジャーが昨晩逮捕されたこと、ラヴィの部屋にも一般人は所有できない違法な薬物があったことがわかり、ちょうど帰宅したラヴィは逮捕されてしまう。さらに、メイジャーの金庫からはカオス・キラーのリストが入っていた。

メイジャーの部屋に死体袋があったことや、犬・マイナーのことを取り調べで聞かれるラヴィ。バビノーとデイルは追及の手を緩めない。

メイジャーは取り調べで、ドレイクがリヴの現在の恋人だと知らされ、ショックを受ける。だが、そこにヴォーンから雇われたというブラント・ストーンという弁護士がやってくる。ペラペラと話しまくる軽薄なタイプだが、この男は有能らしい。

リヴはメイジャーの面会に行くが、彼はドレイクを殺していないと主張する。リヴは彼を信じたいが、揺れている。
それよりも、メイジャーは空腹で仕方がない。

ラヴィは釈放されたが、記者が殺到していて家に帰れないため、リヴとペイトンの家に泊めることになる。ペイトンは彼が犯人のはずないと言うが、ラヴィは口ごもる。そしてメイジャーがカオス・キラーだと打ち明けた。

取り調べは弁護士のブラントのせいで一向に進まない。死体も目撃証言もないので、デイルやバビノーも強く押しきれない。デイルはぐったりしている。

リヴはメイジャーのやったことは自分を守るためだったと知り、驚く。そして被害者がひとりでも帰ってきたらFBIの捜査は覆り、彼も不起訴になるはずだと考える。ラヴィはメイジャーから被害者たちがどこに冷凍されているか聞き出し、リヴは脳を調達するという。

ブレインに脳を分けてもらおうとするリヴだが、ドン・Eが彼女に待ったをかける。リヴはこのままだとメイジャーがゾンビ化して刑務所の中の人間を襲い、ゾンビたちが大量発生する可能性があるといってドンから脳をせしめようとするが、毎月2万5000ドルを支払えと要求されてしまう。

メイジャーからなんとかゾンビが隠されている場所を聞き出したラヴィ。だが、彼がゾンビを隠したという冷凍庫には何も残っていなかった。ドレイクを出して解凍するつもりだったリヴ。そして、彼女自身も飢えている。

ヴォーンはマックス・レイジャー世界本部の会議室で、軍事企業のCEOにスーパーマックスの製法そのものを売りつけることに成功する。ただし、彼はマックス・レイジャーとカオス・キラーが無関係だと証明しなくてはいけない。
女性経営者のヴィヴィアンはかなりやり手らしい。
その裏で、ヴォーンは釈放されたメイジャーとリヴ両方を殺す計画を立てている。

遺体安置所に忍び込んで脳を盗もうとした休職中のラヴィだが、あっさり見つかってしまう。ラヴィはラットのことをすっかり忘れていた。

デイルのもとには、怪しい情報屋が来て自分の妄想を喋りまくっている。うんざりしているデイル。
バビノーのもとには、軍刑務所にいる男・ブライスから、ミート・キュートの男をテレビでみたから話をしたいと電話がかかってくる。彼はメイジャーに銃を売った男であり、売った武器の情報はたしかなものだった。

デイル捜査官のもとには、2番目の被害者・ティムがトランクに入れられていたのを見たという少女・ケイラの証言が入る。犯人はもちろんメイジャーだ。

リヴとラヴィを葬儀社に呼んだブレイン。こっそり2人に脳みそを融通してくれる。その場で脳みそを食べまくるリヴ。

メイジャーが釈放されることになり、リヴが迎えにきている。リヴとメイジャーを殺そうとしているジャンコだが、そこにバビノーが登場してメイジャーを改めて逮捕する。メイジャーはあとちょっとのところで脳みそを口にすることができなかった。
ミート・キュート事件で使われた武器の一部は彼が購入したものだし、冷凍庫に残されていた尿もメイジャーのものだった。バビノーはカルト教団のせいだと考えているが、メイジャーは黙秘を続けている。

デイル捜査官はクタクタになっている。ケイラが嘘の証言をしたことがわかったからだ。
マックス・レイジャーの社長に買収されたのだろうか。このことをメイジャーの弁護士に知られてはいけない。

自宅でドラムの練習をしているリヴ。どうやら彼女が食べたのはドラマーの脳だったらしい。そこにバビノーがやってくる。このままだとメイジャーが有罪になることを告げ、証拠や目撃者も揃ってきたと話す。アリバイの証言者はリヴだけだ。もし裁判になったら、彼女はボロボロにされるだろう。だが、リヴはメイジャーと一緒にいたと主張し続ける。
バビノーは友達として助言しに来ただけだと言って去っていく。

メイジャーに面会しに言ったリヴだが、彼は治療薬を持ってきてほしいと言い出した。
なんとか彼を助けたいと、脳みそ入りチョコバーを作ったリヴ。メイジャーに差し入れするつもりだ。ペイトンはメイジャーに治療薬を試すべきではないかと考えている。

リヴはペイトンを使ってブラントを釣り、チョコバーを差し入れしてもらうように頼んでもらう。しかしブラントの犬がチョコバーを食べてしまい、代わりのチョコが渡される。ガッカリしたメイジャー。

リヴはメイジャーがチョコバーを食べられなかったことを知り、バビノーの自宅に行ってすべてを話すことを決める。
(どうでもいいけど、すごいいい家に住んでいるバビノー)
メイジャーはミート・キュート事件とカオス・キラー事件の両方に関わっていること、メイジャーはゾンビだと話すリヴ。
そしてリヴは自分もゾンビだと初めて明かす。だが、バビノーは信じられないと言う。リヴはバビノーの家の包丁で自分の腹を刺して、ゾンビ化したところを見せた。

釈放されるメイジャーを待ち受け、脳みそ入りシェイクをあげるリヴ。

バビノーの家を尋ねてきたデイルは怒りまくっている。メイジャーが釈放する手続きをした彼を責め、バビノーがFBIに入るチャンスを失ったと言う。さらに、デイルは事情を何も説明しない彼と別れると決めている。

リヴは遺体安置所に復帰しているが、彼女のことをまたまたジャンコが狙っている。リヴとの電話中に突然電話が途切れるも、ラヴィは気付かない。リヴは死体袋に入れられてジャンコに連れ去られそうになっている。慌てて追いかけるラヴィ。リヴは目を覚ますが、同じく目を覚ましたジャンコがラヴィに殴りかかった。殺されそうになっているラヴィだが、揉み合いの末、致死量の麻酔薬が入った注射器がジャンコのほうに刺さってしまい、彼は死んでしまう。

目を覚ますとラヴィが泣いている。彼はジャンコを殺してしまった。彼は混乱して、ジャンコの死体を捨てるべきだと考えている。だがリヴは彼の脳みそを食べて、ドレイクの居場所を探すことにする。ベーグルにゾンビ脳を乗せて、激辛ソースをかけて食べるリヴ。

リヴの家のリビングでドラムを叩いているメイジャー(事件の影響で家に記者が押し寄せているため、メイジャーとラヴィはリヴとペイトンの家に泊まっている)。だが、そのドンドン音で、マックス・レイジャー社の地下室に解凍されたゾンビたちがいることを知るリヴ。そのなかにはドレイクもいる。

感想

今回はメイジャーが投獄されたり釈放されたりする回。
とうとうバビノーにリヴのことがバレるのですが、次の最終回が本当に好き。シーズン2が好きなのは、このエピソードと最終回の出来がいいなあと思うからです。リヴ、メイジャー、バビノーのデコボコトリオのポンコツ感はたまりませんね。ただし、ラヴィはこのエピソードからしばらくはシリアスなシーンが多くなり、軽口を叩かなくなってしまいます。それが寂しい。

One thought on “「iゾンビ」シーズン2・第18話『空腹のメイジャー』のネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>