「クラス-ねらわれたコールヒル学園-」シーズン1・第3話『夜の訪問者』のネタバレ

class

2年前、父を失ったタニア。だが、死んだはずの父が、タニアの部屋に現れる。だが、その背中には、肉のロープがつながっている…?

家出したマテウスは、チャーリーの家に住むことになる。
だが、その夜、クイルは死んだ姉と、ラムはレイチェルと再会する。クイルは姉を警戒し、ラムはパニックになって逃げだす。チャーリーも死んだ両親を見かけるが、すぐ消えてしまった。

タニアのママや兄たちは、既に肉のロープでグルグルまきにされ、フリーズしている。
逃げ出したラムは、町中にロープがはりめぐらされ、いろんな家に死者が訪れていることを知る。

エイプリルとラムは合流する。エイプリルの父は歌手だったが、アル中になり、乱暴な危険運転で母にケガを追わせてしまった。母はそれ以来、マヒが残っている。彼女の苦労を知り、ラムは思わずエイプリルにキスしてしまう(なんで!?レイチェル死んであんなに落ち込んでたのに!!?)。

姉と話していたクイルだが、拷問をしてがっつり殺してしまう。
エイプリルたちはタニアを助けに行くが、ロープにつかまれてしまう。タニアの父の姿をしたものは、友達を選ぶか、家族(母と兄)を選ぶかを迫る。だが、外ではバスを運転してきたクイルが、肉ロープを思いっきりぶっちぎってしまう。そのまま死亡する父の姿の化け物。

チャーリー、タニア、ラム、エイプリル、マテウスは無事を喜び、クイルはその友情に吐き気を催している。

感想

ユニークなエピソード回。肉ロープ(内臓?へその緒?)がすごくリアルです。しかし、ラムはどうしてエイプリルとキスしたのでしょうか。てっきり、タニアとこっそり友達だったりしたので、タニアが相手かと思っていた。最後のオチもお見事ですが、恋愛要素はホントに要らないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>